常に最新の フランチャイズ セミナーや加盟イベントをご紹介するコーナーです

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスを探索ください!

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスや加盟店を探索ください!

コラムニストへ

役立つ情報コーナー。今週は フランチャイズ 法が世界一整備されたアメリカFC業界の歴史を振り返ります。

  • 英語ページに移動

    日本FCのトップ100データを見るために会員’登録へリンク
米国以外の国にはフランチャイズ法が存在しないという。本当か?
フィリップ・F・ジードマン 10月29日
演技力と成功の相関関係はあるのでしょうか?
メリー・ジョー・ラーソン 10月15日
TV出演中の私を見て子供達は少しは見直してくれるのか?
メリー・ジョー・ラーソン 09月17日
最も進化したフランチャイズシステムと法律はアメリカであると評価の相場は決まっていた
フィリップ・F・ジードマン 09月10日
海外進出の心得:専門家が語る海外進出の赤信号と青信号
ジョナサン・メイズ 09月03日
IFE(米国内最大のFC展示会)で見た予想外の「グローバリゼーション」現象
フィリップ・F・ジードマン 07月02日
ビル・ゲーツの予測したタブレット型PC時代は来なかった?
ローマン・ルビンスキー 02月26日
ピサの斜塔が教える教訓:基礎を正しく築け
マイケル・シード 02月12日
フランチャイジーの満足度を把握しよう
マーク・シーバート 01月22日
コミュニケーション・オーバーロード
ローマン・ルビンスキー 01月08日
国際弁護士に海外ビジネス情報を聞くのは得策か?
フィリップ・F・ジードマン 12月18日
フランチャイジーの満足度を把握しよう
マーク・シーバート 12月04日
目的の達成にはまず「聴く」ことが重要なソーシャルメディア
ジーニ・ディートリッヒ 11月20日
板ばさみ状態にある地域ディベロッパー
 11月06日
経営上の手腕が求められる時代
創造性と規律は、経営上、相反するコンセプトではない

ジーン・ボールドウィン 10月23日
ディスカバリーデイが「審判の日」に進化した?
マーク・シーバート 10月16日
携帯電話のGPSを利用して、消費者の行動パターンを把握
ローマン・ルビンスキー 10月01日
海外進出に必要な資質に欠けるリーダーたち
キャロル・アンフォーファー 07月08日
国際的な成長を目指すフランチャイズ
ジーン・ボールドウィン 06月08日
TED ハリウッド流のネットワーキングを紹介
ローマン・ルビンスキー 05月18日
有り余るインターネットサービス、しかし成果は余りに少なく
ローマン・ルビンスキー 04月03日


ジョナサン・メイズ
汚れた皿の山を見せて外食客を集めろ?

コラムニストはジョナサン・メイズ
(フランチャイズタイムズのニュース編集・リポーター)

jmaze@franchisetimes.com

( 2010年11月05日)

人口増加に比例しない外食人口、そして飲食業界の未来

リサーチ会社「NPD Group」による最新の研究調査をお知らせしよう。人口増加率と外食増加率が一致しないという予想である。先行き10年間を通じ、人口増加が1.6%であるのに対し外食する人々の増加率は1%に止まる。すべてベビーブーマー(団塊の世代)のおかげだという。

外で食べたがる年齢層は18歳〜35歳がトップだ。40代になると外出パターンも食事スタイルも大きく変化する。より健康に気を使うようになるからだ。食べる量も減る。一方、高齢者は増える一方である。だから外食しないようになる。総人口の大きな部分を占めるベビーブーマーが高齢者層に入るので、飲食業界の競争はさらに熾烈化する方向に進むだろう。

「年を取るにつれて軽いバイヤーになってしまう」と分かりやすく説明するのは上述の調査を実施したボニー・リッグス氏だ。「人口のシフトは変えようがありません。しかし、悲観する必要はありません。レストラン側が適応していけるかどうかにかかっています」、とリッグス研究員は語る。どうしろというのか?

日昼のパートを狙え

人数や頻度から言えば日昼に外食するケースが圧倒的に多い。正確に言えば、ドリンク、スナック、朝食をレストランで摂る人たちをターゲットしろ、ということだ。マクドナルドは早くからスナックとドリンク客を呼ぶ方策をいろいろ実施している。バーガーキングはこうした客層を取り込むために従来の朝食メニューを大改造した。

新しい競合を意識しろ

レストランの競合はもはや同業者にとどまらないことを知るべきだ。コンビニ、スーパー、さらにに最大の強敵は「家庭クッキング」だ。「あのレストランに行くと楽しい」というユニークな経験を客に与え得るか、また、ホームクッキングを上回る利便性を客に印象付けられるか、といった要素が重要になりそうだ。



そこで私から一つ提案しよう。汚れた皿を山のように積んだイメージを客に見せてはいかがか?皿洗いに嫌気がさした客が山のように貴方のレストランに押しかけてくるかもしれない。