常に最新の フランチャイズ セミナーや加盟イベントをご紹介するコーナーです

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスを探索ください!

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスや加盟店を探索ください!

コラムニストへ

役立つ情報コーナー。今週は フランチャイズ 法が世界一整備されたアメリカFC業界の歴史を振り返ります。

  • 英語ページに移動

    日本FCのトップ100データを見るために会員’登録へリンク
さらに国際化が進むアメリカ・フランチャイズ業界
フィリップ・F・ジードマン  2011年05月07日
言葉の壁を乗り越えて
フィリップ・F・ジードマン 2011年04月15日
二極化するレストラン業界 この不況を生き残るには
ジーン・ボールドウイン 11月19日
汚れた皿の山を見せて外食客を集めろ?
ジョナサン・メイズ 11月05日
米国以外の国にはフランチャイズ法が存在しないという。本当か?
フィリップ・F・ジードマン 10月29日
演技力と成功の相関関係はあるのでしょうか?
メリー・ジョー・ラーソン 10月15日
TV出演中の私を見て子供達は少しは見直してくれるのか?
メリー・ジョー・ラーソン 09月17日
最も進化したフランチャイズシステムと法律はアメリカであると評価の相場は決まっていた
フィリップ・F・ジードマン 09月10日
海外進出の心得:専門家が語る海外進出の赤信号と青信号
ジョナサン・メイズ 09月03日
IFE(米国内最大のFC展示会)で見た予想外の「グローバリゼーション」現象
フィリップ・F・ジードマン 07月02日
ビル・ゲーツの予測したタブレット型PC時代は来なかった?
ローマン・ルビンスキー 02月26日
ピサの斜塔が教える教訓:基礎を正しく築け
マイケル・シード 02月12日
フランチャイジーの満足度を把握しよう
マーク・シーバート 01月22日
コミュニケーション・オーバーロード
ローマン・ルビンスキー 01月08日
国際弁護士に海外ビジネス情報を聞くのは得策か?
フィリップ・F・ジードマン 12月18日
フランチャイジーの満足度を把握しよう
マーク・シーバート 12月04日
目的の達成にはまず「聴く」ことが重要なソーシャルメディア
ジーニ・ディートリッヒ 11月20日
板ばさみ状態にある地域ディベロッパー
 11月06日
経営上の手腕が求められる時代
創造性と規律は、経営上、相反するコンセプトではない

ジーン・ボールドウィン 10月23日
ディスカバリーデイが「審判の日」に進化した?
マーク・シーバート 10月16日
携帯電話のGPSを利用して、消費者の行動パターンを把握
ローマン・ルビンスキー 10月01日
海外進出に必要な資質に欠けるリーダーたち
キャロル・アンフォーファー 07月08日
国際的な成長を目指すフランチャイズ
ジーン・ボールドウィン 06月08日
TED ハリウッド流のネットワーキングを紹介
ローマン・ルビンスキー 05月18日
有り余るインターネットサービス、しかし成果は余りに少なく
ローマン・ルビンスキー 04月03日


ローマン・ラビンスキー
ローマン・ビンスキー Roman Lubynsky

ラビンスキー氏はITコンサルタントでボストンに在住する。




roman@lubynsky.com

(2011年6月5日)

ウェブ ミーティングに勝るものは電話会議?

デスクを挟んで同僚や客たちと同席のもとに打合わせをする、これが会議のベストの形ではあろう。しかし、費用や距離的な制限の故に実行がむずかしいケースがしばしばある。これに代わる次善の方法と言えば、最高品質のTV会議システムを双方で用意し、実行すればよい。とは言うものの、これには専門テクニシャンのヘルプと鮮明極まりないビデオやオーディオ機能を必要とする。セットアップの初期投資で10万ドル以上かかるケースはざらにあり、しかも月間使用料まで発生する。

しかしながら、ご承知のごとく、ここ10年ほどの間にウェブ ミーティングのテクノロジーが格段に進歩し、選択肢も大きく増えた。Webex、GoToMeetingなど月間数十ドルで間に合う。さらに、iPhoneやiPadに触発され、次世代のビデオミーティング方式が出現するに至った。スカイプビデオコール、FuzeMeeting、 ooVooがそれらの代表例であろう。これらのサービスを使えば、デスクトップ上でも携帯電話を通してもグループでTV会議を実施できるのである。

会議途中で突然にコネクションを切断された経験を持つ利用者は多いのではないか。ほとんど全員が経験者ではないだろうか。画像がゆがみ、相手の顔がゆがんで見えたり、動きがロボットのように見えたりした経験をお持ちではないだろうか。このトラブルは携帯を使うと更に顕著になる。こうした不満足な画像や音声で互いに好印象を感じることができるだろうか、と私は疑問を呈したい。

「ビジネス会議は簡単で不便さがないこと」が私の持論である。私が提案する次善の会議方法は「電話」である。今は非常に低コストの通話サービスがたくさんあるではないか。資料を検討したい、というなら予め相手に送信すればよい。ほとんどの場合、この方法でグループ会議を行うことに支障はないはずだ。

セールス会議の場合はどうするか。私なら、コンピュータ画面を共有するサービスを併用し、スクリーン上で管理された形でスライドプレゼンテーション等をしながら電話で話し合うだろう。 TV会議のテクノロジーは今後も進化を続けるに違いない。画像も安定してくると思う。だが、成功する会議の大前提として、参加者たちが一定のエチケットを守ることにあると考える。相手に対する尊敬の念を表しているからだ。

相手の話し中はミュートボタンに切り替えよう。駄菓子のガサガサ音や犬の吠え声を相手に聞かせてはなるまい。それに、ビデオを使うなら寝間着姿はなしにしよう。