常に最新の フランチャイズ セミナーや加盟イベントをご紹介するコーナーです

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスを探索ください!

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスや加盟店を探索ください!

コラムニストへ

役立つ情報コーナー。今週は フランチャイズ 法が世界一整備されたアメリカFC業界の歴史を振り返ります。

  • 英語ページに移動

    日本FCのトップ100データを見るために会員’登録へリンク
従業員のソーシャルメディアの使用に関する雇用主の権利
チャールズ・バークェスト  2011年06月12日
ウェブ ミーティングに勝るものは電話会議?
ローマン・ラビンスキー  2011年06月05日
さらに国際化が進むアメリカ・フランチャイズ業界
フィリップ・F・ジードマン  2011年05月07日
言葉の壁を乗り越えて
フィリップ・F・ジードマン 2011年04月15日
二極化するレストラン業界 この不況を生き残るには
ジーン・ボールドウイン 11月19日
汚れた皿の山を見せて外食客を集めろ?
ジョナサン・メイズ 11月05日
米国以外の国にはフランチャイズ法が存在しないという。本当か?
フィリップ・F・ジードマン 10月29日
演技力と成功の相関関係はあるのでしょうか?
メリー・ジョー・ラーソン 10月15日
TV出演中の私を見て子供達は少しは見直してくれるのか?
メリー・ジョー・ラーソン 09月17日
最も進化したフランチャイズシステムと法律はアメリカであると評価の相場は決まっていた
フィリップ・F・ジードマン 09月10日
海外進出の心得:専門家が語る海外進出の赤信号と青信号
ジョナサン・メイズ 09月03日
IFE(米国内最大のFC展示会)で見た予想外の「グローバリゼーション」現象
フィリップ・F・ジードマン 07月02日
ビル・ゲーツの予測したタブレット型PC時代は来なかった?
ローマン・ルビンスキー 02月26日
ピサの斜塔が教える教訓:基礎を正しく築け
マイケル・シード 02月12日
フランチャイジーの満足度を把握しよう
マーク・シーバート 01月22日
コミュニケーション・オーバーロード
ローマン・ルビンスキー 01月08日
国際弁護士に海外ビジネス情報を聞くのは得策か?
フィリップ・F・ジードマン 12月18日
フランチャイジーの満足度を把握しよう
マーク・シーバート 12月04日
目的の達成にはまず「聴く」ことが重要なソーシャルメディア
ジーニ・ディートリッヒ 11月20日
板ばさみ状態にある地域ディベロッパー
 11月06日
経営上の手腕が求められる時代
創造性と規律は、経営上、相反するコンセプトではない

ジーン・ボールドウィン 10月23日
ディスカバリーデイが「審判の日」に進化した?
マーク・シーバート 10月16日
携帯電話のGPSを利用して、消費者の行動パターンを把握
ローマン・ルビンスキー 10月01日
海外進出に必要な資質に欠けるリーダーたち
キャロル・アンフォーファー 07月08日
国際的な成長を目指すフランチャイズ
ジーン・ボールドウィン 06月08日
TED ハリウッド流のネットワーキングを紹介
ローマン・ルビンスキー 05月18日
有り余るインターネットサービス、しかし成果は余りに少なく
ローマン・ルビンスキー 04月03日


マーク・シーバート
マーク・シーバート Mark Siebert

「iFranchise Group」のCEO。iFranchise Group(アイフランチャイズ・グループ)は全米トップフランチャイズ200社のうち98社を顧客に持つフランチャイズ・コンサルティング会社である。

info@ifranchise.net
(2011年6月26日)
インターネットで良い企業イメージを保つために

推計によると、現在、インターネットには2億以上のウェブサイトと1億5000万ものブログが存在し、ユーザー数は20億人以上に上るとされる。誰でも気軽にネット上に意見を掲載したり情報を提供できる半面、匿名性が高いことから、偏った意見や誤った情報が飛び交う危険性がある。


フランチャイズ企業は、ネット上での自社ブランドの評判を守るための努力を惜しむべきではない。ネット上に一度掲載された情報は、元のサイトから削除された後も長期間にわたって保存され、グーグル等での検索に引っかかることがある点を留意すべきだ。

フランチャイザー側の対策としては、第一に、自社ブランドに関するネット上での発言や情報をモニターすることが重要である。ネット上の動向を監視するには、まず組織内にモニタリングの担当者を置き、自社ブランドの評判について、経営陣にも逐一報告が届くようなシステムを構築する。

現在では、グーグルアラート、ツイートデック、Trackur、Alterian、SocialMentionなど、主要メディアやブログ、ソーシャルネットワークなどでの自社ブランドの評判をモニターするツールが多数あるので、利用するとよい。またフランチャイジーに、自社ブランドの評判を守ることの重要性を認識させ、モニタリングの過程に積極的に関与させるようにすることも大切だ。

さらにフランチャイザーは、本部の従業員とフランチャイジーの両方を対象に、ソーシャルメディアの使用に関する方針を明確に打ち出すべきである。フランチャイジーに対しては、このガイドラインを従業員に周知させるように指導する。

他のマーケティング手段を用いる場合と同様に、フランチャイザーは、フランチャイジーのソーシャルメディアの使用に関しても、最小限の制限を設けるべきである。最低でも、自社ブランドに関するネット上での発言は、常にプロフェッショナルで礼儀を踏まえたものであるようガイドラインに定め、有意義かつ相手を尊重したコメントに限り、不快感を与えるような批判的なコメントは避けるように奨励すべきだ。

万が一、フランチャイザーがネット上で批判の対象や攻撃の的となった場合、どのように対応すべきだろうか。まず、特に相手が匿名の場合には、何の反論もしないという選択も可能だ。批判等に対してやみくもに反撃すると、さらなる攻撃を招くことになりかねず、事態を悪化させる恐れがあることを忘れてはならない。

フランチャイザーが、批判や攻撃に何らかの形で対応することを選択した場合には、率直さと透明性を前面に打ち出すことが大切である。そして、問題点があることを認識し、その解決に真摯に取り組む姿勢があることを示し、具体的な解決策を講じるようにする。

フランチャイザーは、否定的な内容ばかりにとらわれず、インターネットでの自社ブランドの評判を高める努力を怠らないことも重要である。ポジティブな情報の発信に力を入れることで、ネット上のネガティブな内容を相殺することが可能になる。