常に最新の フランチャイズ セミナーや加盟イベントをご紹介するコーナーです

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスを探索ください!

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスや加盟店を探索ください!

コラムニストへ

役立つ情報コーナー。今週は フランチャイズ 法が世界一整備されたアメリカFC業界の歴史を振り返ります。

  • 英語ページに移動

    日本FCのトップ100データを見るために会員’登録へリンク
インターネットで良い企業イメージを保つために
マーク・シーバート  2011年06月26日
従業員のソーシャルメディアの使用に関する雇用主の権利
チャールズ・バークェスト  2011年06月12日
ウェブ ミーティングに勝るものは電話会議?
ローマン・ラビンスキー  2011年06月05日
さらに国際化が進むアメリカ・フランチャイズ業界
フィリップ・F・ジードマン  2011年05月07日
言葉の壁を乗り越えて
フィリップ・F・ジードマン 2011年04月15日
二極化するレストラン業界 この不況を生き残るには
ジーン・ボールドウイン 11月19日
汚れた皿の山を見せて外食客を集めろ?
ジョナサン・メイズ 11月05日
米国以外の国にはフランチャイズ法が存在しないという。本当か?
フィリップ・F・ジードマン 10月29日
演技力と成功の相関関係はあるのでしょうか?
メリー・ジョー・ラーソン 10月15日
TV出演中の私を見て子供達は少しは見直してくれるのか?
メリー・ジョー・ラーソン 09月17日
最も進化したフランチャイズシステムと法律はアメリカであると評価の相場は決まっていた
フィリップ・F・ジードマン 09月10日
海外進出の心得:専門家が語る海外進出の赤信号と青信号
ジョナサン・メイズ 09月03日
IFE(米国内最大のFC展示会)で見た予想外の「グローバリゼーション」現象
フィリップ・F・ジードマン 07月02日
ビル・ゲーツの予測したタブレット型PC時代は来なかった?
ローマン・ルビンスキー 02月26日
ピサの斜塔が教える教訓:基礎を正しく築け
マイケル・シード 02月12日
フランチャイジーの満足度を把握しよう
マーク・シーバート 01月22日
コミュニケーション・オーバーロード
ローマン・ルビンスキー 01月08日
国際弁護士に海外ビジネス情報を聞くのは得策か?
フィリップ・F・ジードマン 12月18日
フランチャイジーの満足度を把握しよう
マーク・シーバート 12月04日
目的の達成にはまず「聴く」ことが重要なソーシャルメディア
ジーニ・ディートリッヒ 11月20日
板ばさみ状態にある地域ディベロッパー
 11月06日
経営上の手腕が求められる時代
創造性と規律は、経営上、相反するコンセプトではない

ジーン・ボールドウィン 10月23日
ディスカバリーデイが「審判の日」に進化した?
マーク・シーバート 10月16日
携帯電話のGPSを利用して、消費者の行動パターンを把握
ローマン・ルビンスキー 10月01日
海外進出に必要な資質に欠けるリーダーたち
キャロル・アンフォーファー 07月08日
国際的な成長を目指すフランチャイズ
ジーン・ボールドウィン 06月08日
TED ハリウッド流のネットワーキングを紹介
ローマン・ルビンスキー 05月18日
有り余るインターネットサービス、しかし成果は余りに少なく
ローマン・ルビンスキー 04月03日


フィリップ・F・ジードマン
フィリップ・F・ジードマン Philip F. Zeidman

ジードマン氏は、ワシントンDCに所在する法律事務所 DLA Piper Rudnick Gray Cary US LLP」の上級弁護士である。 国内フランチャイズ、国際ライセンシング、国際フランチャイズ法を専門とする。イェール大学で学士号を受け、ハーバード大学法学部の法学位を取得している。 著作も多い。

Zeidman@dlapiper.com

(2011年8月21日)

グローバル化の進むフランチャイズ業界の今後の展望

国際的なフランチャイズ業界において、アメリカは大きな影響力を持っている。同業界のアメリカ重視の姿勢は明白で、世界的な大手フランチャイズ企業の多くがアメリカに拠点を置き、フランチャイズ企業上位100社のうち、88社がアメリカに本社を構えている。また、アメリカに所在する国際フランチャイズ協会(IFA)の本部を訪れる各国の代表団も後を絶たず、アメリカでの情報収集やコンタクト先の確立に力を入れている姿がうかがえる。

しかし、政府がフランチャイズ企業の海外進出において果たす役割という点では、アメリカは他国に遅れを取っていると言わざるを得ない。アメリカでは独立心や自助努力の精神が重んじられ、政府の民間部門への介入は最小限に留めるべきという風潮が根強く残っている。しかしながら、国内経済の不振や貸し渋りなどが長引いている現状を考えると、フランチャイズのグローバル化という面では、政府の助けが必要な局面に入っているのかもしれない。

こうしたアメリカの現状とは対照的に、世界各国では、政府がフランチャイズ業界に積極的に介入するケースが多くなってきている。たとえばヨーロッパでは、スコットランドではSocial Entrepreneur Fund、アイルランドではCenter for Excellence in Franchise Developmentなどの公的機関が、フランチャイズ企業に資金提供を行っている。またシンガポールやマレーシア、インドネシア、韓国など、アジア全域でも、政府の積極的な介入が目立つ。

また、諸外国では、金融機関が政府とより密接に協力し合い、フランチャイズ企業を積極的に支援しているのもアメリカとは異なる。たとえばオーストラリアの銀行の大多数では、フランチャイズ企業に特化した融資プログラムを実施している。

日本でも同様のプログラムがあり、またフィリピンの銀行でも、フランチャイザーやフランチャイジーのみを対象にした融資プログラムがある。イギリスでも、大手銀行二行が、フランチャイズ業界に対して優遇金利で融資を行っている。
サンド キャッスル
このような諸外国と比較すると、アメリカのフランチャイズ企業は、政府や金融機関からの支援なしに孤軍奮闘している印象すら受ける。しかし遅まきながら、最近になって、アメリカのフランチャイズ企業の間でも、フランチャイズ業界の発展の鍵を握るのがグローバル化であり、海外進出の際には何らかの支援が必要という意見が出始めたようだ。

IFA会員を対象とした最近の調査によれば、その8割がすでに海外に出店済みで、多いところでは海外店舗数は150〜500店舗に上る。回答した企業の4分の3が、国際的な成長が今後の発展に重要と答え、またそれを上回る数の企業が、今後海外進出に力を入れていく予定だという。

IFAには、会員から海外進出に関するさまざまな要望が寄せられている。その例として、国際的な貿易使節団や展示会の組織、研修の実施、連絡先等の紹介サービス、情報提供等の支援が挙げられる。このような要望を受けて、IFAは今後、海外市場の重要性を認識し、フランチャイズ企業の海外進出に向けた長期的な支援を行っていくことができるのだろうか。今後の動向に注目したい。