常に最新の フランチャイズ セミナーや加盟イベントをご紹介するコーナーです

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスを探索ください!

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスや加盟店を探索ください!

コラムニストへ

役立つ情報コーナー。今週は フランチャイズ 法が世界一整備されたアメリカFC業界の歴史を振り返ります。

  • 英語ページに移動

    日本FCのトップ100データを見るために会員’登録へリンク
フランチャイズ法の整備に向けた国際的な動き
フィリップ・F・ジードマン   2011年11月13日
ニューテクノロジーでSNSをもっと効果的に、もっとクリエイティブにしよう
ジーニ・ディートリッヒ   2011年10月23日
グローバル化の進むフランチャイズ業界の今後の展望
フィリップ・F・ジードマン  2011年08月21日
インターネットで良い企業イメージを保つために
マーク・シーバート  2011年06月26日
従業員のソーシャルメディアの使用に関する雇用主の権利
チャールズ・バークェスト  2011年06月12日
ウェブ ミーティングに勝るものは電話会議?
ローマン・ラビンスキー  2011年06月05日
さらに国際化が進むアメリカ・フランチャイズ業界
フィリップ・F・ジードマン  2011年05月07日
言葉の壁を乗り越えて
フィリップ・F・ジードマン 2011年04月15日
二極化するレストラン業界 この不況を生き残るには
ジーン・ボールドウイン 11月19日
汚れた皿の山を見せて外食客を集めろ?
ジョナサン・メイズ 11月05日
米国以外の国にはフランチャイズ法が存在しないという。本当か?
フィリップ・F・ジードマン 10月29日
演技力と成功の相関関係はあるのでしょうか?
メリー・ジョー・ラーソン 10月15日
TV出演中の私を見て子供達は少しは見直してくれるのか?
メリー・ジョー・ラーソン 09月17日
最も進化したフランチャイズシステムと法律はアメリカであると評価の相場は決まっていた
フィリップ・F・ジードマン 09月10日
海外進出の心得:専門家が語る海外進出の赤信号と青信号
ジョナサン・メイズ 09月03日
IFE(米国内最大のFC展示会)で見た予想外の「グローバリゼーション」現象
フィリップ・F・ジードマン 07月02日
ビル・ゲーツの予測したタブレット型PC時代は来なかった?
ローマン・ルビンスキー 02月26日
ピサの斜塔が教える教訓:基礎を正しく築け
マイケル・シード 02月12日
フランチャイジーの満足度を把握しよう
マーク・シーバート 01月22日
コミュニケーション・オーバーロード
ローマン・ルビンスキー 01月08日
国際弁護士に海外ビジネス情報を聞くのは得策か?
フィリップ・F・ジードマン 12月18日
フランチャイジーの満足度を把握しよう
マーク・シーバート 12月04日
目的の達成にはまず「聴く」ことが重要なソーシャルメディア
ジーニ・ディートリッヒ 11月20日
板ばさみ状態にある地域ディベロッパー
 11月06日
経営上の手腕が求められる時代
創造性と規律は、経営上、相反するコンセプトではない

ジーン・ボールドウィン 10月23日
ディスカバリーデイが「審判の日」に進化した?
マーク・シーバート 10月16日
携帯電話のGPSを利用して、消費者の行動パターンを把握
ローマン・ルビンスキー 10月01日
海外進出に必要な資質に欠けるリーダーたち
キャロル・アンフォーファー 07月08日
国際的な成長を目指すフランチャイズ
ジーン・ボールドウィン 06月08日
TED ハリウッド流のネットワーキングを紹介
ローマン・ルビンスキー 05月18日
有り余るインターネットサービス、しかし成果は余りに少なく
ローマン・ルビンスキー 04月03日


マーク・シーバート
マーク・シーバート Mark Siebert

「iFranchise Group」のCEO。iFranchise Group(アイフランチャイズ・グループ)は全米トップフランチャイズ200社のうち98社を顧客に持つフランチャイズ・コンサルティング会社である。

info@ifranchise.net
(2011年12月18日)

FC本部は加盟店をいくつ開発すべきか?


様々なフランチャイズ本部と接していると、毎週必ず聞かれる質問がある。「一体、何件の加盟店開発が可能でしょうか」と。誕生して間もない新人フランチャイザーに限らずベテラン本部から同じ質問を受けることもある。加盟店開発がうまくいっていない本部である。そして、この質問には付録がある。「本当に加盟店を募集できるのでしょうか」という不安である。

しかし、これは質問のしかた自体に問題がある。正しくは「加盟店をいくつ開発すべきでしょうか」と聞くべきなのである。「加盟店をいくつ販売できるか」というのは単なる数字のゲームに終わりかねない。「加盟店をいくつ販売すべきか」という設問にはもっと深い意味が込められており、私の回答もそれなりに十分に考えた上で適切なアドバイスを用意しなければならない。

つまり、マーケティングや広告に多大な費用をかければ、より多くの加盟店候補の資料請求が集まり、それなりの率で成約できることだろう。しかし、「ポストセール」、即ち、加盟店成約後のサポート体制ができているのだろうか。いや、それ以前の話として、あなたが売りたいFC本部は、例えば100加盟店を募集するだけの内容を備えているのだろうか。

加盟店開発の「フロントハーフ」について

成約後のサポートは別にして、まず成約にいたるまでのプロセス、フロントハーフについて整理しておこう。簡単に言えば、加盟店と成約するために重要な要素が5つある。コンセプト、プラニング、メッセージ、マーケティング、セールス手順の5要素である。

販売に値するフランチャイズか

まず、コンセプト。そのフランチャイズが価値ある内容を持っていなければ話にならない。十分に練られたビジネスモデルなのか?実証済みか?ブランド力は?加盟店の対象は絞り込まれているか?加盟店が再現できるタイプのものか?初期投資額と加盟金は妥当か?加盟店が単独で資金調達できる範囲内か?これらの質問に全て明快に答えられないとすれば、貴方のフランチャイズはまだ販売できる状態に達していないことになる。

プラニング

いかにして貴方のフランチャイズを候補者に知らせるのか、そのためのプラニングである。加盟店となる資格と適正を持ち、なおかつ貴方のフランチャイズに興味を抱く候補者を発掘するための方法であり、具体的には、質のよい資料請求を多く集め方法を意味する。「言うは安く行うは難し」の格言が正にあてはまるが、十分に調査すれば、成功率の高い候補者発掘の方法を見つけられるはずだ。

メッセージ、マーケティング、セールス手順

メッセージも大切だ。対象とする候補者を唸らせるほどの内容と迫力をメッセージに盛り込まなければならない。メッセージの範囲は広告の文章から様々な販促資料、ビデオ、ウエブサイト、はては普段のメールに使う文章まで含まれる。それほどにメッセージに内容は重要である。

資料請求が集まり出したところでセールスがスタートする。セールスは最初に電話を受ける、あるいは電話を最初にかけるところから始まる。最高のセールス手順とは、最初の電話コンタクトから成約の最後の交渉に至るまで、しっかりと正しい手順を踏むことにある。そのためには営業責任者と本部とが十分に打合わせ、十分なトレーニングを行い、最良とされる手順を事前に確立しておくことだ。

加盟店方式の強みと陥せい

短期間に広いエリアに勢力を広げる方法としてフランチャイズは最高のやり方かもしれない。だが、それには大きな落とし穴が待ち構えている。加盟店がどんどん増えていくのは実に楽しいことだろうが、その中毒者になってはならない、失敗する加盟店が後を絶たないといった事態になったら大変だ。

優れたフランチャイズ本部は「管理された」加盟店開発を行っている。一番重要なのはどれだけ宣伝費を使って資料請求を多く集めるかではなく、どれだけ多くの加盟店を成功させたかによって評価が決まることだ。