常に最新の フランチャイズ セミナーや加盟イベントをご紹介するコーナーです

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスを探索ください!

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスや加盟店を探索ください!

コラムニストへ

役立つ情報コーナー。今週は フランチャイズ 法が世界一整備されたアメリカFC業界の歴史を振り返ります。

  • 英語ページに移動

    日本FCのトップ100データを見るために会員’登録へリンク
FC本部は加盟店をいくつ開発すべきか?
マーク・シーバート  2011年12月18日
フランチャイズ法の整備に向けた国際的な動き
フィリップ・F・ジードマン   2011年11月13日
ニューテクノロジーでSNSをもっと効果的に、もっとクリエイティブにしよう
ジーニ・ディートリッヒ   2011年10月23日
グローバル化の進むフランチャイズ業界の今後の展望
フィリップ・F・ジードマン  2011年08月21日
インターネットで良い企業イメージを保つために
マーク・シーバート  2011年06月26日
従業員のソーシャルメディアの使用に関する雇用主の権利
チャールズ・バークェスト  2011年06月12日
ウェブ ミーティングに勝るものは電話会議?
ローマン・ラビンスキー  2011年06月05日
さらに国際化が進むアメリカ・フランチャイズ業界
フィリップ・F・ジードマン  2011年05月07日
言葉の壁を乗り越えて
フィリップ・F・ジードマン 2011年04月15日


フィリップ・F・ジードマン
フィリップ・F・ジードマン Philip F. Zeidman
ジードマン氏は、ワシントンDCに所在する法律事務所 DLA Piper Rudnick Gray Cary US LLP」の上級弁護士。国内フランチャイズ、国際ライセンシングを専門とする。イェール大学で学士号を受け、ハーバード大学法学部の法学位を取得している。 著作も多い。 著作も多い。

Zeidman@dlapiper.com

(2011年12月25日)


中国のフランチャイズ規則:今後の行方を探る


中国がフランチャイズ規制に関する規則を採用したのは4年前に遡る。それから現時点にいたるまで、我々関係者は本コラムを通じて様々な進展の内容をしばしば紹介してきた。その間に中国のフランチャイズ状況は大きく変化した。新たに採択されたフランチャイズ法の下に、今では1,600以上のフランチャイズ本部が存在する。しかもほとんどは中国で誕生したフランチャイズであり、海外フランチャイズは全体の5%に過ぎない。発展のスピードも海外フランチャイズの少なさも我々の想定外のことであった。

こうした経緯を概観し得られた教訓とは何であろうか?今後学ぶべきこと、注意しなければならないことは何だろうか。
こうした疑問点を1)ジー、2)国内(中国)ザー、3)海外フランチャイザー、4)行政関係者、5)裁判所それぞれの異なる立場で分析することも有用な試みではなかろうか?

各関係者で合意済みの内容とは

「フランチャイズ」とは正当な事業運営の一手法であり、短期間に事業を成長させるための有効な方法であり、中国におけるフランチャイズの見通しは明るい。これは関係者全員の一致した見解であるが、4年前は必ずしも現実ではなかった。

今も不正を働くフランチャイズ本部は数多く存在しており、だからこそ中国政府もフランチャイズ規則の成立を急いだのである。正当なフランチャイズ業務を実施する人々にとっては腹立たしい状況であるが、現状として認識しなければならない。

不徹底な取り締まり機能

不正を行うザーが後を絶たない一方、それを取り締まる行政機関の活動は手がまるで足りず不徹底である。他方、訴訟のほとんどはFC本部が加盟店を訴えるケースである。今後はこの傾向が逆転すると見られているが、それがいつになるのかは誰も予想できない。

意見が分かれる重要項目とは何?

フランチャイザーが政府当局に正規登録をしていない、あるいは出来なかった場合、加盟店契約は無効にすべきか?FC本部にとっては重要な項目である。加盟店側は当然ながら無効にすべし、と回答している。奇妙なことに一部の国内ザーも同意見なのである。裁判所は明確に否としている。

ザーはフランチャイズ開示書類に責任を負うべきか?

加盟店は負うべし、と回答している(当然ながら)。国内ザーも海外フランチャイザーも否、責任を負うべきではない。ザーが責任を持つのは加盟店契約に限定すべし、と回答している。他方、行政府と裁判所関係者は、ザーが開示書類の内容に責任を負うべしとしている。

現状況下で力を発揮するのは95%を占める中国製フランチャイザー

加盟店契約の有効性と無効性の線引き、あるいはフランチャイズ開示書類の責任の所在等に関して当分の間結論は出そうにない。そうした灰色の環境下で一番影響力を持つのが全体で95%を占める中国製フランチャイズであることを認識しておいていただきたい。問題が深刻化した時に政府による取り締まりや手入れが入るかもしれない。

加盟店グループが大きな抗議活動を起こすかもしれない。そのことで中国のフランチャイズ状況に大きな変化がもたらされるのかもしれない。格言にありように「雨は正しき者たちにも、そうでない者たちの頭上にも等しく降り注ぐ」ことをお忘れなきように。


2014年アーカイブ
2013年アーカイブ
2012年アーカイブ
2011年アーカイブ
2010年アーカイブ
2009年アーカイブ