常に最新の フランチャイズ セミナーや加盟イベントをご紹介するコーナーです

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスを探索ください!

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスや加盟店を探索ください!

コラムニストへ

役立つ情報コーナー。今週は フランチャイズ 法が世界一整備されたアメリカFC業界の歴史を振り返ります。

  • 英語ページに移動

    日本FCのトップ100データを見るために会員’登録へリンク
メジャーリーグに学ぶフランチャイズ経営
マーク・シーバート 2016年05月05日
共和党指名争いに学ぶ7つの教訓
マーク・シーバート 2016年04月28日


キューバへの事業進出の先駆けはホテルとツアービジネス

2016年6月9日-
1年前にオバマ大統領がキューバとの国交を再開したことをコラムに書いた、その時、おそらくホテル業者が最初に名乗りをあげるだろうと予測した。事実、今その通りのことが起きつつある。1年を振り返り、何が起きたのか、それがフランチャイズ業界に何を意味するかについて考えてみよう。
1年前にオバマ大統領がキューバとの国交を再開したことをコラムに書いた、その時、おそらくホテル業者が最初に名乗りをあげるだろうと予測した。事実、今その通りのことが起きつつある。1年を振り返り、何が起きたのか、それがフランチャイズ業界に何を意味するかについて考えてみよう。

今年の3月、生存するアメリカ大統領としてオバマ大統領が初めてキューバ訪問を実現した。オバマ大統領がキューバに到着する前夜、アメリカ政府はフランチャイザーに大きなインパクトをもつ決定を下していた。

スターウッドホテルに対しキューバでのホテル経営を許可したのである。経済制裁がまだ有効な時にスターウッド傘下のラグジュアリーコレクションとシェラトンフォーポイントにホテル運営を許可したことに大きな意味があった。

ホテルビジネスの先導は人的コミュにケーションを促進するため

アメリカによるキューバ経済制裁を全面的に解除するには議会の承認を必要とするが、大統領の意図は明確である。ホテルの準備を進め、人と人との接触チャンスを増やしたかったのである。キューバの市民社会をサポートし、双方の情報の流れを活発にしたかったからである。

いわゆるツーリズム、すなわち観光旅行は未だに規制されているものの、米国政府は過去16ヶ月の間に何度も制裁規則に修正を加え、スターウッドにやったような許可を個別に発行するアプローチをとってきた。トラベル、ツーリズムとなればフランチャイズの出番だ。

1日当たり100フライト(往復)を許可し、船舶による渡航を許可し、船舶内の宿泊も許可した。米国保険会社に旅行者保険を発行する許可も与え、キューバの銀行に口座を開く許可も与えた。一般論ではなく、実際にカーニバルクルーズラインに許可を与えたのであった。

米国フランチャイザーは、通常のように相手国のプライベート企業とではなくキューバ政府を契約当事者としてさまざまな契約を結ぶことになるが、これは決して珍しいことではなく、他国と類似する経験がアメリカにはあるはずだ。「法規制を修正し、旅行をスムーズに行えるようにしてキューバの人々とより自由に行き来することを目標にしている」とホワイトハウスは方針を明らかにしている。

フンチャイザーにとっては歓迎すべきニュースである。これですぐキューバとビジネスができるという幻想を抱く読者は一人もいないだろう。何よりもアメリカからの投資と商取引を阻む規制が大きなハードルとして今なお残っているからだ。

しかし、ドアは開かれた。将来のポテンシャルに期待をもつのは当然である。過去16ヶ月の進展ぶりを考慮するなら、今後の動きに大きな注目を持たざるを得ない。
フィリップ・F・ジードマン Philip F. Zeidman

ジードマン氏は、ワシントンDCに所在する法律事務所 DLA Piper Rudnick Gray Cary US LLP」の上級弁護士。国内フランチャイズ、国際ライセンシングを専門とする。イェール大学で学士号を受け、ハーバード大学法学部の法学位を取得している。著作も多い。

Philip.Zeidmani@dlapiper.com



2015年のアーカイブ 2014年アーカイブ
2013年アーカイブ
2012年アーカイブ
2011年アーカイブ
2010年アーカイブ
2009年アーカイブ