常に最新の フランチャイズ セミナーや加盟イベントをご紹介するコーナーです

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスを探索ください!

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスや加盟店を探索ください!

コラムニストへ

役立つ情報コーナー。今週は フランチャイズ 法が世界一整備されたアメリカFC業界の歴史を振り返ります。

  • 英語ページに移動

    日本FCのトップ100データを見るために会員’登録へリンク
資料請求の立役者、 SNSの力を見過ごすな
マーク・シーバート 2016年07月21日
キューバへの事業進出の先駆けはホテルとツアービジネス
フィリップ・F・ジードマン 2016年06月09日
メジャーリーグに学ぶフランチャイズ経営
マーク・シーバート 2016年05月05日
共和党指名争いに学ぶ7つの教訓
マーク・シーバート 2016年04月28日



フィリップ・F・ジードマン

タオ・スー

10年で一変した中国のフランチャイズ市場


2017年6月14日-
IFAの依頼で10年前に中国を訪れた。中国政府と交渉し、規制だらけのフランチャイズ規則を自由化するよう説得するためであった。同僚のタオ・ スーと私は幸運にもこの役目を全う出来た。今回、これを記念するイベントが企画され、スーと共同で報告させて頂くことになった。

2007年5月1日、中国はフランチャイズ規則を施行すると大々的に発表した。中国側に言わせれば、海外フランチャイズが中国で商業活動をするための法的な枠組みを確立すると約束し、それを果たしたということになる。それは中国から生産経済からサービス経済に移行する始まりであった。

今日、中国 GDPは世界2位となり、中産階級が 1億人以上という驚異的なレベルに達している。フランチャイズ規制成立までのプロセスは、中国のスタンダートからみると驚くほどにオープンだった。ドラフトは一般に開示され、一般コメントを募集した。外部のインプットが歓迎された。民間弁護士まで意見を求められた。かつての中国では予想もしないほど開放的に実施されたのであった。

何が変化したのか?

では、この10年で何か変わったのか?疑問の余地なく、多くのことが変化した。今日、中国は世界最大のフランチャイズ市場の1つに成長しつつある。各フランチャイザーの規模こそ未だ小さめながら、フランチャイズ数は 5,000を超えアメリカに匹敵する。そして、一番重要なことだが、中国に新たに参入するフランチャイズは毎年500以上なのだ。

フランチャイズ法の枠組みを構築する作業は大きく進展した。中国商務省に正式登録したフランチャイズ数は 3,400近い。その結果、当然ながらフランチャイズ訴訟の件数がかなり増えている。数年前の統計によれば、中国全体におけるビジネス上の民事訴訟でフランチャイズ関連訴訟は 5%を少し下回るレベルだった。そうした状況を鑑み、最高人民裁判所と高等人民裁判所が多くの地域で法解釈のガイドラインとなる重要な決定をいくつか下している。

しかしながら、総体的に中国は「現実的、プラグマチック的な明日」を求める段階に達したのだろうか?さらに重要なことは、今後、中国のフランチャイズ法はどの方向に向かうのだろうか?

我々が参加した3日間のサミット会議で明らかになったことがある。中国のフランチャイズ業界自身も同じ疑問を抱えているということだ。多く議論されるポイントは「市場の専門性」(Market Specialization)である。つまり、これほどに巨大なマーケットで成功する道はただ一つしかない。ニッチ市場に特化し、そこで差別化を実現し輝く存在にならない限りブランドとして成功できない。

ソース: 米国フランチャイズタイムズ 


フィリップ・F・ジードマン Philip F. Zeidman
ジードマン氏は、ワシントンDCに所在する法律事務所 DLA Piper Rudnick Gray Cary US LLP」の上級弁護士。国内フランチャイズ、国際ライセンシングを専門とする。イェール大学で学士号を受け、ハーバード大学法学部の法学位を取得している。著作も多い。

Philip.Zeidmani@dlapiper.com



2015年のアーカイブ 2014年アーカイブ
2013年アーカイブ
2012年アーカイブ
2011年アーカイブ
2010年アーカイブ
2009年アーカイブ