人気のフランチャイズ
 
全国108店舗で海外にも出店!定番中の定番メニューで安定収入をゲット!
 
不動産の売買仲介専門店「ハウスドゥ!」は不動産業未経験者をプロに育成!
 
		複合カフェのパイオニア!全国170店舗展開の「自遊空間」が圧倒的なスケールメリットを提供!
 
いつの時代にも愛されるたこ焼きのフランチャイズ「京たこ」がご紹介
 
営業利益率17%以上の高収益ビジネス、イタリア料理フランチャイズの詳細
 
行列のできるミキシングアイスクリームショップ。商業施設で大ヒット!
 
業歴20年超、180校を展開する堅実な実績の個別指導塾
 
世界が認めた「とろけるクレープ」が実現する驚異のビジネスモデルを紹介!
 
大人のおいしさ、本物のおいしさにこだわる宅配ピザ。本格ナポリピザです。
 
全国2万人の婚活者からマッチング!結婚相談所を開業!
 
不況下で数少ない成長カテゴリー「リサイクルビジネス」

 
		【首都圏限定】リラクゼーションスタジオRe・Ra・Kuの強力な本部サポート内容を紹介!
 
		宅配ピザ20年以上のブランド力と店舗ネットワーク



ipadで選ぶワイン

レストランでのワイン選びに活躍するiPad

ワイン好きだが、レストランでのワイン選びに自信がないという人に、強力な助っ人が登場した。

記事:ジョナサン メイズ



誰でも、高級レストランでワインを注文する際に、気後れした経験があるのではないだろうか。周りにケチだと思われたくないという見栄も働き、レストランでワインを選ぶのは一苦労だ。ワイン好きだが、レストランでのワイン選びに自信がないという人に、強力な助っ人が登場した。アップル社のタブレット型コンピュータ、iPadである。このiPad用にHospitality Social社が開発した、ワインリストのアプリケーションを駆使すれば、ワイン選びが格段に楽になるという。

このデジタル版ワインリストは、従来のワインリストとは比べものにならないほどの情報を満載している。何といっても、ワインボトルの写真やフレーバーの説明、そのワインに対する評価や感想など、ワインの詳しい情報を閲覧できるのがうれしい。このリストは双方向型で、検索機能も付いている。この機能を使えば、ワインの銘柄、価格帯、味わいなどを指定して、自分好みのワイン探しが可能。たとえば、「カリフォルニア産の低価格のプラムワイン」といった、具体的な情報を入力して検索をかけられる。ワインの情報をチェックして、納得した上で注文できるため、ワイン選びに付きまとう不安が解消されるのだ。

iPadのデジタル版ワインリストの恩恵を受けるのは、顧客だけではない。レストランとワイン卸売業者にとっても、ワインの売上増につながる有益なツールとなりうる。レストランで、1本100ドルのワインを売るのはそれほど容易ではない。顧客が、それほどの値打ちがあるのか、レストランに高い商品を売りつけられているのではないか、といった疑問を抱くことが考えられるからだ。しかし、デジタル版ワインリストがあれば、顧客は自分の目でワインの情報を確認することができ、多少値が張ったとしても、自信を持って注文できる。結果として、ワインの売上アップが見込めるというわけである。

実際に、取引先レストランに対し、iPad購入費を負担するワイン卸業者もいるという。もちろん、今後のワインの売上増を期待してのことだ。ワインリストのアプリケーションの月々のサービス利用料は、iPad10台につき499ドル。レストラン一店舗につき5〜12台のiPadがあれば十分だという。

このようなサービスを可能にしたのは、iPadのデザインや使いやすさによるところが大きい。高級レストランの雰囲気にすんなりと溶け込めるのは、やはりiPadならではだろう。従来のノートブック型パソコンだと、雰囲気を台無しにしてしまいかねない。レストランでのiPadの使い道は、ワインリストに限られない。iPadのレストラン向けのアプリケーションの種類も充実してきており、従来の食事メニューの代わりに、iPadのデジタル版メニューを導入するレストランも出て来ている。

iPadの活用に対するレストランの関心は高まっており、今後の普及が見込まれる。ワインリストのアプリケーションの開発元、Hospitality Socialでは、従来のワインリストは徐々に姿を消し、今後は情報満載のデジタル版ワインリストが主流になると、大きな期待を寄せている。