人気のフランチャイズ
 
全国108店舗で海外にも出店!定番中の定番メニューで安定収入をゲット!
 
不動産の売買仲介専門店「ハウスドゥ!」は不動産業未経験者をプロに育成!
 
		複合カフェのパイオニア!全国170店舗展開の「自遊空間」が圧倒的なスケールメリットを提供!
 
いつの時代にも愛されるたこ焼きのフランチャイズ「京たこ」がご紹介
 
営業利益率17%以上の高収益ビジネス、イタリア料理フランチャイズの詳細
 
行列のできるミキシングアイスクリームショップ。商業施設で大ヒット!
 
業歴20年超、180校を展開する堅実な実績の個別指導塾
 
世界が認めた「とろけるクレープ」が実現する驚異のビジネスモデルを紹介!




FrogBoxのダッグ ボーゴィンCEO

再生プラスチックボックスをレンタルするフランチャイズ事業

環境に対する関心が高まる中、引越し用の段ボール箱についても、エコでグリーンな製品が好まれるようになってきているようだ。

記事:スティブン ピアス



このような流れを受けて、最近、環境にやさしい梱包資材のレンタル業者が、フランチャイズ化に乗り出している。ここでは、二つの業者を紹介する。

まず、カリフォルニア州オレンジ郡を拠点とする、Rent A Green Boxは、廃棄物ゼロが売りの引越し用箱のレンタル業者だ。パステルカラーの緑の箱が目印で、繰り返し使用可能な再生プラスチック製の箱を提供している。創業者のスペンサー・ブラウン氏がこのビジネスを始めるきっかけになったのは、自身の引越しの体験だった。

2005年に事務所を引越した際に、段ボール箱等の梱包資材の購入にかかった費用は800ドル。決して安くはない金額だ。また引越しの後、再利用できる資材をリサイクリングセンターに持っていった後も、大量のゴミが廃棄物として残った。

「私のアイデアは、とてもシンプルなものでした。まず、プラスチックのゴミを集め、これをもとに引越し用の箱を製造し、レンタルして繰り返し使用する。使い古して消耗した箱は、新しい箱の原料として再利用する、というリサイクルのビジネスなのです」

Rent A Green Boxで取り扱っているのは、主に住宅用または個人事業用など小規模な引越しで、レンタル予約などの手続きはすべてオンライン上で行われる。

必要に応じてレンタル予約を入れたら、指定された日に引越し用の梱包資材が自宅や事務所に届けられるという仕組みだ。

Rent A Green Boxのスペンサー ブラウンCEO
これらをレンタルすることで、段ボール箱等を購入するよりも5割の費用節約になるうえ、廃棄物を最小限に抑えられる。同社では、2012年よりフランチャイズ展開を行っていく予定だ。

FrogBoxも、環境に配慮した引越し用箱のレンタル業者だ。Rent A Green Boxとの違いは、一足先にフランチャイズ化を図っている点で、現在、既に22店舗を展開中。2012年にはさらに20店舗が加わる予定だ。同チェーンの再生プラスチック製の箱は頑丈さが売りで、400回の使用に耐えられるという。通常の段ボール箱を使用するのと比べて、引越しの際に出る廃棄物を大幅に軽減でき、環境への影響を抑えることができるという。

全米の主要都市への進出を視野に入れているFrogBoxだが、より「グリーン」な製品の開発にも取り組んでいる。その一つがバイオ材料を用いた引越し用箱だ。しかし、現在の問題は、再生プラスチック製の箱が400回使用できるのに対し、バイオ材料を用いたものは、30回程度しか使用できず、耐久性が低い点だという。