アメリカでの人気のフランチャイズ
 
一般住宅の修理・リモデリングから商業ビルの修理・メンテまでこなす万能のリペアサービス 。
 
家族や恋人たちが陶器にペイント、オリジナル作品を焼き上げる憩いと安らぎの空間
 
トップシェフと最高の素材で作り出すカップケーキ!
 
自然素材と高収益で急成長のドック ポップコーンが日本上陸!
 
事業家やプロフェッショナルの独身者を中心に、独自のアプローチで躍進するデートマッチング・フフランチャイズ
 
旧き良きアメリカの時代を再現したインテリアとサービス、 3分の1ポンドハンバーガーでお客様を魅了
 
質の高いコナコーヒーと新鮮フルーツのスムージーのニュータイプカフェ
 
一般住宅の修理・リモデリングから商業ビルの修理・メンテまでこなす万能のリペアサービス 。
 
身の回りの世話から医療ケアまでの「多目的介護フランチャイズ」



Popeyes'の店内
Popeyes'の店内

ファーストフードレストラン業界の2012年の展望

2012年に入り、1月には雇用状況が改善するなど、経済回復の兆しが見られるようになった。しかし、多くのファーストフードレストランにとって、経済の先行き不安は続いている。

記事:デヴィッド ファカス



米国経済はいまだ本格的な回復には至っておらず、ファーストフードレストラン業界では、今年も市場シェアをめぐる熾烈な争いが繰り広げられそうだ。

Popeyes'のシェリル バチェルダーCEO 消費者心理にも経済に対する不安が現れており、消費者の出費を控える傾向は続きそうだ。 最近の調査によると、61パーセントのアメリカ人が、家計状況は「悪いまたは中程度」と答えており、2012年に景気の回復が見込めると答えたのは、回答者の28パーセントにとどまっている。

レストラン業界でも、2012年の来店頻度の増加予想はわずか1パーセント程度で、成長率はほぼ横ばいとなることが予想される。

左写真はPopeyes'のシェレル バチェルダーCEO
このように、高い失業率、住宅市場の低迷、貸し渋りなど、マイナス材料が多く、厳しい経済状況が続く中、多くのファーストフードレストランが、「お得さ」を強調し、さまざまな創意工夫を凝らす必要に迫られている。

例えば、1800店舗を展開するフライドチキンのレストラン、Popeyes'。
同チェーンは、骨なしチキンのメニューを昨年発売し、売上アップに多少ながら貢献した。163億ドル規模とされるチキン商品の市場は、今年も競争の激化が予想され、消費者にとって新鮮味のある商品の開発や、お得感と利益率の両方を考慮にいれた価格設定が、鍵を握ることになりそうだ。

シナモンロールで有名なシナボンも、新商品の開発に余念がないようだ。
「Chillattas」と名付けたドリンクを発売している同チェーンは、今年も引き続き、ドリンクメニューに力を入れていく方針だという。

昨年夏には、健康志向のトレンドに遅れまいと、ブルーベリー、ザクロ、アサイーベリー、ブラックベリーなどのフルーツを使用した ヘルシーなChillatasを期間限定で発売した。

右写真はシナボンのキャット コール社長
Cinnabonのケイト コール社長
ファーストフードレストラン業界では、海外での存在感を強めようという動きも広がっている。例えば、ハンバーガーレストランのSmashburgerはこの度、中米とカリブ海地域にフランチャイズを展開すると発表。

シナボンも、今年はロシアに焦点を当てて海外展開を図っていくという。同チェーンはすでに昨年、カザフスタン、トリニダッド、ラトビア、イスラエル、レバノン、シリア、ポーランドへの進出を果たしている。Popeyesでも、韓国、マレーシア、中米、カナダ、中東地域を中心に、海外展開に力を入れていく予定だ。