人気のフランチャイズ
 
全国108店舗で海外にも出店!定番中の定番メニューで安定収入をゲット!
 
不動産の売買仲介専門店「ハウスドゥ!」は不動産業未経験者をプロに育成!
 
		複合カフェのパイオニア!全国170店舗展開の「自遊空間」が圧倒的なスケールメリットを提供!
 
いつの時代にも愛されるたこ焼きのフランチャイズ「京たこ」がご紹介
 
営業利益率17%以上の高収益ビジネス、イタリア料理フランチャイズの詳細
 
行列のできるミキシングアイスクリームショップ。商業施設で大ヒット!
 
業歴20年超、180校を展開する堅実な実績の個別指導塾
 
世界が認めた「とろけるクレープ」が実現する驚異のビジネスモデルを紹介!



ステッカー付きの木琴で演奏する子供たち

米国ホリプロから生まれた音楽教育プログラム「カラーサウンデーション」がフランチャイズタイムズに登場

あのホリプロが米国でエンターテイメント業界でライセンス事業を展開していることは意外に知られていない。

しかし、今日の話題は同ホリプロが別部門として発足し全米展開を進める音楽教育プログラム「カラーサウンデーション」についてだ。音とカラーを使って子供たちに音楽の基礎能力を身につけさせるプログラムは他には存在しない。ある意味で革命的な音楽プログラムなのである。現在、ロサンゼルスで2センターを運営する。

コンピュータ翻訳機で有名な「フランクリンドットコム」の社長が同プログラムを気にいり、共同でデジタルペンを開発した。デジタルペンを使ってテキストをなぞるとドレミの音が出たり、お話が飛び出したりする仕掛けで子供たちの興味をかき立てながら、音楽能力を自然にマスターする方法も優れている。

そのカラーサウンデーションがNYの国際フランチャイズショーでフランチャイズタイムズの取材を受ける。

理由はカラーサウンデーションが既存の児童教育フランチャイザーと提携し、音楽部門のプログラムをライセンスする話が進んでいるからだ。
米国には200から300センターを越える大手や中堅の児童教育フランチャイズが数多く存在している。学校教育では満たされない部分、リーダシップや協調性、情操、運動能力等を助長することが目的であり、音楽のその一つだがアメリカには意外と本格的で体系的に教えるプログラムが存在していなかった。

ドレミの音、ナレーション、キャラクター付きのテキストで子供を飽きさせない 音を効いた後、正しいステッカーをテキストに貼る作業。カラーサウンデーションの基本レッスン
色分けしたベルを鳴らして正しいピッチを楽しく修得 ステッカー付き木琴を鳴らしながら、自然に正しいピッチを手、視覚、聴覚で修得
ピアノの音を聴いて、正しい音階のフラッグを挙げる。音と社会性のスキルを育成 音を聴いた後、色分けしたフープ(円形プレート)にジャンプ。音階の聴き取り、リズム感を遊びながら覚える
カラーサウンデーションではファストラックキッズゴダードスクール等の中堅フランチャイズとの交渉を進めている。