アメリカでの人気のフランチャイズ
 
一般住宅の修理・リモデリングから商業ビルの修理・メンテまでこなす万能のリペアサービス 。
 
家族や恋人たちが陶器にペイント、オリジナル作品を焼き上げる憩いと安らぎの空間
 
トップシェフと最高の素材で作り出すカップケーキ!
 
自然素材と高収益で急成長のドック ポップコーンが日本上陸!
 
事業家やプロフェッショナルの独身者を中心に、独自のアプローチで躍進するデートマッチング・フフランチャイズ
 
旧き良きアメリカの時代を再現したインテリアとサービス、 3分の1ポンドハンバーガーでお客様を魅了
 
質の高いコナコーヒーと新鮮フルーツのスムージーのニュータイプカフェ
 
一般住宅の修理・リモデリングから商業ビルの修理・メンテまでこなす万能のリペアサービス 。
 
身の回りの世話から医療ケアまでの「多目的介護フランチャイズ」



  1. 香港の「food republic」

    多様化しハイエンド化に向かうフードコートが革命を起こす?

    米国飲食専門誌「QSRマガジン」6月号のトップで取り上げられた記事から紹介する。中国のフードコートがアメリカのフードコート業界に新しいウエーブを巻き起こすというセンセーショナルな見出しである。

    中国内で展開されるフードコートの第一の特色はその多様性にある。シンプルな屋台店からハイエンドな店舗まで驚くほどのバラエティを誇る。特に、ハイエンド志向のフードコートこそが米国フードコートの未来を示唆していると専門家筋は予測する。

    北京のシルクマーケットのフードコート
    北京のシルクマーケットのフードコート

    アメリカではモール客全体のわずか7%のみがフードコートを利用している現状だ(International Council of Shopping Centers の調査による)。慢性的な不況に悩むモール内のリテーラーは何としても買い物客を呼び戻したいと考えており、中国のフードコートのコンセプトを活かしたいと熱望している。スケールの違いも大きい。

    中国モールにおけるフードコートは通常1,000席以上を設け、毎週2万人の食事客に対応している。アジア圏の他国のフードコートと比較しても20%以上広いスペースをとっている。

    米国モール側では、店舗の多様性、ハイエンド店舗の設置、そしてスケールの拡大などを重要な改革ポイントとする大きな変革を迫られている。