人気のフランチャイズ
 
全国108店舗で海外にも出店!定番中の定番メニューで安定収入をゲット!
 
不動産の売買仲介専門店「ハウスドゥ!」は不動産業未経験者をプロに育成!
 
		複合カフェのパイオニア!全国170店舗展開の「自遊空間」が圧倒的なスケールメリットを提供!
 
いつの時代にも愛されるたこ焼きのフランチャイズ「京たこ」がご紹介
 
営業利益率17%以上の高収益ビジネス、イタリア料理フランチャイズの詳細
 
行列のできるミキシングアイスクリームショップ。商業施設で大ヒット!
 
業歴20年超、180校を展開する堅実な実績の個別指導塾
 
世界が認めた「とろけるクレープ」が実現する驚異のビジネスモデルを紹介!


  1. バーガーキングの廈門市(アモイ市)店
    バーガーキングの廈門市(アモイ市)店

    バーガーキングが中国に1000店舗をオープンすることでマスターフランチャイジーと合意

    6月15日、米国ハンバーガーフランチャイズのメジャーブランド「バーガーキング」は、中国に1000店舗をオープンすることで、マスターフランチャイジーと共同合意に達したと発表した。今から5年〜7年以内に目標達成としている。

    マイアミに本拠を置く親会社「バーガーキング ワールドワイド ホールディング」(Burger King Worldwide Holdings Inc.)の中国側パートナーは「Kurdoglu」一族と「Cartesian Capital Group」、バーガーキングにとっても今回は最大規模の出店計画となる。

    バーガーキングの廈門市(アモイ市)店内
    バーガーキングの廈門市(アモイ市)店内

    Kurdogluファミリーはバーガーキング中国の最王手フランチャイジーとしてそれ以後の店舗開発についても独占権 を持つ。現在、中国に63ロケーションのバーガーキングが存在する。これで、バーガーキングも他の米国フランチャイズに伍して中国進出を果たすことになる。

    Yum!ブランドはさらに600ロケーションを中国にオープンする。現時点で同チェーンは3,700店舗(KFC)、750店舗(ピザハット)、さらには中国生まれのFCブランド「East Dawning」と「Little sheep」を所有している。

    スターバックスも負けてはいない。アジア太平洋地域での出店プランをさらに拡大し、中国だけで今年中に400店舗をオープンする。ディリークイーンとマクドナルドも中国で確固たる地位を築いており、さらなる成長を続けている。