カールス・ジュニア


カスタムメード式でお客が目の前で食材を選んでいくカスタム サラダやラップ

フレッシーが健康志向系のベンチャー企業のために育成プログラムを提供

2005年創業のフレッシー(Freshii)は、現在8ヶ国35都市で80店舗を展開中の、健康志向のファーストカジュアル系レストラン。

忙しい現代人のニーズに応えた、新鮮で栄養価の高いメニューが売りで、人気商品として、玄米入りの全粒小麦トルティーヤ・ラップ、ブルーベリーやアーモンドなど、抗酸化作用のある食材を使ったサラダなどがある。

フレッシーはこのたび、健康志向またはフィットネス関連のベンチャー企業の成長をサポートする育成プログラム、Fresh Startupsを開始。


特に、顧客サービスの向上に役立つ技術の利用法などについて、参加企業を指導していく予定だ。また本プログラムの提携先であるKinetic Cafe´が、その専門知識や経験を生かして、顧客層の特定、ブランド作り、マーケティング、営業などの面で、アドバイスを行う。

本プログラムの参加企業はフレッシーの営業上の指導や助言に対して2万5000ドル、Kinetic Cafe´(カナダのトロント拠点に会社の立ち上げや革新に焦点を当てた企業のコンサルティング会社)のアドバイスに対して最大1万5000ドルを投資することになる。