ファースト ラック キッズ



フランチャイズ業界専門の弁護士に聞く
依頼人に接する際の方針とは?


Karen Abrams,
Paris Ackerman & Schmierer

「依頼人の立場に立ち、依頼人が結ぶ契約は、あたかも自分が締結するかのような心構えで、交渉に当たることがモットー」
Deborah Coldwell,
Haynes and Boone
「依頼人の目標を理解し、その目標を達成するための賢明な方法を模索するのが、弁護士の役目」


John Gotaskie Jr.,
Fox Rothschild
「情報の開示が極めて重要。規制当局が、情報を開示しすぎたことで苦言を呈することはない」
Kirk Reilly, Gray Plant Mooty
「依頼人にとって都合の良い事実だけを伝えるのではなく、耳の痛い事実も伝えるべき。彼らが必要としているのは、激励の言葉ではなく、専門的なアドバイス」


Constanitine Fournaris,
Wiggin and Dana
「好調であるにもかかわらず変更を加え、必要以上に複雑化しようという組織内の圧力に屈しないこと。不要な害を与えることは避けるべき」
Bethany Appleby,Wiggin and Dana
「まず当面の問題解決に当たり、次に可能な限り、制度自体の改善を図って、問題の再発を防止することが大切」


Alexander Tuneski,
Kilpppppatrick Townsend & Stockton
「優れたサービスを提供するためには、依頼人のフランチャイズの内容を学ぶ努力を惜しまないこと。フランチャイズの特徴、課題、事業機会などを熟知する必要あり」
Warren Lee Lewis, Akerman
「フランチャイザーは、フランチャイジーとの良好な関係を維持し、これを強化していくうえで、必要な対策を講じるべき。
フランチャイザーは、公正かつ断固とした態度で、フランチャイジーに接することが大切」