イッツ ジャスト ランチ



長年のオーナーが遂にTGIフライデーズを8億ドルで売却

カジュアルレストランチェーン「TGIフライデーズ」の由来を読者はご存知だろうか。金曜日になると働く人たちの多くが口にする慣用句「Thank Goodness It's Friday」から来た。意味は「やれやれ有り難い、やっと金曜日になった」。

今日、レストランオーナーが言う言葉は「Thank Goodness It's Sold」、つまり「有り難や、レストランが遂に売れたよ」といったところか。

「やれやれ」と安堵の声をもらす理由がある。ホスピタリティ&トラベル会社「Carlson」は40年間所有していたTGIフライデーズを投資会社「Sentinel Capital Partners」と「TriArtisan Capital」に売却することを決めた。



ディールの締結は今年7月、非公式ながら合意額は8億ドルとウォール ストリート ジャーナルは伝えている。Sentinel社は飲食業界では広く知られ、タコベル、ピザハット、チャーチチキン等のチェーンを多店舗運営している。
TriArtisanは、昨年、カールスジュニア、ハーディーズの買収に失敗したことで知られている。

TGIフライデーズは1965年NYシティに始まり、現在はテキサス州に本部を置く。 現在は約1,000店舗弱、日本にも複数店が進出している。