アメリカで人気のフランチャイズ
躍進する訪問介護「コンフォケア」

詳細はこちら


  • マリリン モンローをテーマにするスパチェーンが総額で40億の資金調達に成功

    FC本部マリリン モンロー スパが2千万ドルの資金調達に成功

    Nancy Weingartner

    2015年9月5日- マリリン モンロー スパ (Marilyn Monroe spa) の創立者はスパ運営と資金調達がうまい。同フランチャイズチェーンはオーランド(フロリダ州)に本部を持ち4つの州で、10ロケーションを現在展開中だ。

    まだ発展途上に過ぎないチェーンに20ミリオンを投資したのはブラジル企業 JCRホールディングである。 スパ業界はまだこれという大きなチェーンが存在しない。そこで、この資金を活用してマリリン モンロースパ を全米ブランドに育てあげることが目的である。

    JCRホールディングのマネージングディレクター、ファブリ・シオボッシーが同チェーンのボードメンバーになる。マリリン モンロー ス パのアル・バイスCEOはディズニーの元取締役だが資金集めが得意のようだ。同チェーンは2012年にマリリン モンローの名前を独占使用する権利を取得し、同年にスパチェーンをスタートした。

    写真左から:マリリン モンローの大きなポスターがスパの店舗外観、待合室、グラマールームに飾られている

    調達した資金の具体的な使い道は同チェーンの3つのビジネスモデルであるスパ、ネイルサロン、グラマールーム(顔&髪トリートメント、マニキュア、全身マッサージ、ペディキュアなど)の充実と拡大に投入される予定だ。さらに、同資金の多くを割いてスパ研究所を設立し、スパビジネスのテクニカルな面と事業運営を教える教育機関にする予定である。

    マリリン モンロー スパはアメリカ全州に登録済みであり、平行して海外進出も積極的に推進する。同チェーンは第2ラウンドの資金調達を終えたところで、現在総額で $36リオンの調達に成功し、借入金はゼロだとバイスは述べている。