常に最新の フランチャイズ セミナーや加盟イベントをご紹介するコーナーです

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスを探索ください!

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスや加盟店を探索ください!

コラムニストへ

役立つ情報コーナー。今週は フランチャイズ 法が世界一整備されたアメリカFC業界の歴史を振り返ります。


  • 英語サイトにリンク



  • 3月: 連邦取引委がステープルズとオフィスデポの巨大合併を差し止める

    2016年前半のトップニュースを飾ったのは、ステープルズオフィスデポによる 63億ドルの合併申請話だった。文房具業界の競合たちは特に eコマースの分野でアマゾンと同様に大きな脅威を与えることになると異議を唱える一方、連邦取引委員会 (FTC)は合併に断固反対の立場を表明し、裁判所による差し止め命令を要請した。

    3月末のこと、FTCがアマゾンにプレッシャーをかけ、2017年まではこうした合併による競争に対抗できる力を持っていないと言わせたのである。しかし、アマゾンは既にオンラインショッピングの市場シェアに十分に浸透していたので、状況は新展開を迎えると一時思われた。

    しかしながら、いくつかの新たな紆余曲折の後、 FTCの言い分が勝った。今年5月、サリバン判事は FTC側の言い分を認め、ステープルズは合併を断念したのであった。その結果、ステープルズとオフィスデポは元のライバル関係に戻り、業績を上げるべくそれぞれの道を進むことになった。ステープルズには新しいCEOが就任しイギリスでの事業展開を開始した。オフィスデポは未だ新CEOが決まらず、赤字店を閉鎖しヨーロッパの店舗を売却中である。