常に最新の フランチャイズ セミナーや加盟イベントをご紹介するコーナーです

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスを探索ください!

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスや加盟店を探索ください!

コラムニストへ

役立つ情報コーナー。今週は フランチャイズ 法が世界一整備されたアメリカFC業界の歴史を振り返ります。


  • 英語サイトにリンク



  • 4月: スポーツオーソリティが白旗を上げる

    過去10年の前半5年間にわたり、かつて、米国最大のスポーツ用品店チェーンに君臨したスポーツオーソリティ (Sports Authority)であったが、4月に力尽きた。eコマースと改築工事に過重な投資をした結果、数億ドルの負債を抱えたしまった。長年のライバル、Dick's Sporting Goods、さらに新たな脅威となったアマゾン等の競争に疲弊した。

    しかし、転落の決定的な理由は独自のブランディング確立に失敗したからであろう。供給業者への支払いが滞り、 2千万ドルの利払いを不履行、社員解雇、一部店舗の閉鎖などを経てきたが、ついに3月始めに破産申請をする結末に至った。

    破産手続きをしながら会社の再構築を図るスポーツオーソリティではあるが、供給ベンダーとの厳しい折衝のため再生プランの推進は困難に陥った。4月末、同チェーンはリングにタオルを投げ、会社資産を清算する道を選んだ。

    Dick's Sporting Goodsが競売に勝ち旧店舗のうち22ロケーションのリースを引き継ぐ。Dick's Sporting Goodsにとって、スポーツオーソリティというライバルが存在しない市場で初めてのホリデーセールスシーズンを迎えることになる。