常に最新の フランチャイズ セミナーや加盟イベントをご紹介するコーナーです

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスを探索ください!

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスや加盟店を探索ください!

コラムニストへ

役立つ情報コーナー。今週は フランチャイズ 法が世界一整備されたアメリカFC業界の歴史を振り返ります。


  • 英語サイトにリンク



  • 7月: アマゾン創設の休日「プライムデー」で同社の売上は世界中で 60%増

    プライムデーとはわずか1年前にアマゾンが独自に発案したホリデーのことである。しかし、この1日こそアマゾン社にとって歴史に残る最大の売上の日として記憶されることになった。しかも、この記録はブラックフライデー後もサイバーマンデー後も変わるとなく、ありとあらゆる eコマースの売上レコードを破る記録的な日(配達数で最大記録)となったのである。

    アマゾンの年間売上においてブラックフライデーからサバーマンデー(11月25日から11月28日までの4日間)の期間だけで 30.9%を売り上げる。そして、プライムデーにはなんとそれを 7%上回る売上を記録する凄さであった。一民間企業が発明したショッピングホリデーがこれほどの成功を収めたのはもちろん前例がない。

    当日はテクニカル上の誤作動があったりでツイッターが大炎上する騒ぎになり「プライムデー失敗」のハッシュタグがサイバー上にあふれた。しかし、その結果、アマゾンの新サービス、 Prime NowやEcho、音声で作動する Echo Dotなどが広く知られるところとなり、わずか2日間のプライムデーのイベントを通じてリテーラー発案によるショッピングホリデーが小売市場の売上に大きなインパクトを与えることが明らかになった。売上を増やす画期的なイベントとして新たなアプローチがクリエートされたのである。