常に最新の フランチャイズ セミナーや加盟イベントをご紹介するコーナーです

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスを探索ください!

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスや加盟店を探索ください!

コラムニストへ

役立つ情報コーナー。今週は フランチャイズ 法が世界一整備されたアメリカFC業界の歴史を振り返ります。


  • 英語サイトにリンク



  • 9月: シアーズがさらに Kマートを13州で閉鎖する

    シアーズが,、かつて小売業界の革命児だったことを覚えている読者は何人いるだろうか? シアーズのカタログ販売が一世を風靡した時代もあった。しかし、その影響力は今や失われ、親会社のシアーズホールディングスは今夏、多数のKマートとシアーズ店舗の閉店を発表した。そして、9月に入り、さらに閉店数を拡大することを明らかにした。

    エドワード・ランパート CEOは強気の発言にも関わらず、さらにはヘッジファンドから大量の資金導入をしたにも関わらず、シアーズは 20期連続で損失を計上した。損失を埋めるため、KenmoreCraftsmanDieHardなどの各ブランドとホームサービス事業を売却した。

    最近になり、数名の取締役が退任したことを受け、シアーズ倒産が近いと一部の観測筋で囁かれ始めている。それがいつになるかは分からない。しかし、シアーズが沈み行く泥舟状態に陥ったことに異議を唱える者はいない。