常に最新の フランチャイズ セミナーや加盟イベントをご紹介するコーナーです

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスを探索ください!

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスや加盟店を探索ください!

コラムニストへ

役立つ情報コーナー。今週は フランチャイズ 法が世界一整備されたアメリカFC業界の歴史を振り返ります。


  • 英語サイトにリンク

ショールームにリンク
    ジョニーロケッツはファーストフード市場への進出、ミレニアル世代の獲得に向けて進化する
    ソース:Quick Service Restaurant Magazine

    上写真はペンステーション( NY)に隣接するワンペンプラザ (One Penn Plaza)にオープンしたばかりの新しいジョニーロケッツである。 席数 22、30坪のコンパクトなレストランには無料のメニュー目当ての客が 100人ほど並んでいた。1月7日、午前10時過ぎのことだ。



    この店舗はブランドを一新するジョニーロケッツの 35番目の店舗となる。
    モダンなインテリアに改装されイメージは大きく変化した。今までの特所である50年代のクラシック調を抑え、壁はレンガ壁をモチーフにしている。ケージ型の照明とコミューナルテーブル(相席の大型テーブルとベンチ席)が目を引く。

    いずれもミレニアル世代にアピールする趣向だ。赤と白を基調とするロゴは見慣れたものだが、以前にあったソソーダボトルのデザインやブルーと黄色の配色が排除されている。ファーストフードのイメージを打ち出すことが目的だと会社側は説明している。



    ジョニーロケッツはフルサービスのレストランとしてスタートした。しかし、最近になってファーストフードの店を増やすプランを進めている。いわゆる50年代のダイナーレストランが一番の特色だったが、「ジョニーロケッツは進化するブランド」とジェームス・ウオーカー CFEは説明する。ウオーカー CFEは海外店舗開発&オペレーションを担当しており、ジョニーロケッツは今後も異なるプロトタイプ店を開発していく方針であると語っている。

    ナッツベリファームのようなアミューズメントパーク内には従来のクラシックタイプ、フルーサービスのレストランを継続しながらも、ペンステーションのようなスポットにはもっとコンパクトで、カウンターサービスの店を増やしていくプランである。

    ジョニーロケットは日経フランチャイズ&ビジネスショー(2月1日〜3日、東京ビッグサイト)で展示される予定。