常に最新の フランチャイズ セミナーや加盟イベントをご紹介するコーナーです

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスを探索ください!

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスや加盟店を探索ください!

コラムニストへ

役立つ情報コーナー。今週は フランチャイズ 法が世界一整備されたアメリカFC業界の歴史を振り返ります。


  • 英語サイトにリンク

ショールームにリンク


  • インド政府の紙幣削減方針が米国視察団に大迷惑を及ぼす

    ソース: 米国フランチャイズタイムズ 

    インド首相が 500ルピー(約$7)と1000ルピー (約$15)の紙幣を廃止する決定を下した。インド市民が感じているであろう不都合は想像に余りあるが、フランチャイズタイムズ誌が例年企画する視察ツアーのメンバーも大いに迷惑を被った被害者なのである。同ツアーに同行したナンシー・ワインガートナー編集主幹の報告によると、一行がデリに到着した頃、街のいたるところで ATMマシンの前に並ぶ長い長い列を見たという。銀行客が1日に引き出しを許された額はわずか 2000ルピー($30足らず)ほど。しかも、翌日も引き出せる保証はない。

    貨幣をの流通を停止するのは一番よく使われるデノミ政策の一つだ。政府はこれで税金を払わない国民に打撃を与えるのである。新しい紙幣が出回る前に旧紙幣の85%を消滅させる政策を実施したのだから一部にパニックが起きるのは当然だろう。

    しかし、これはキャッシュレス社会に移行するための第一ステップでもある。現在、インドでの取引の大半は現金決済で行われているが、今回の政府発表の後、モバイル決済が わずか 2週間のうちに200%アップした。一方、ドミノピザ、ダンキンドーナツのメガフランチャイジー会社、デリフランチャイジーのアミット・アンベカー副社長(マーケティング担当)は、今回の貨幣危機に直面してもビジネス上の損失は全く発生していないと述べている。