常に最新の フランチャイズ セミナーや加盟イベントをご紹介するコーナーです

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスを探索ください!

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスや加盟店を探索ください!

コラムニストへ

役立つ情報コーナー。今週は フランチャイズ 法が世界一整備されたアメリカFC業界の歴史を振り返ります。


  • 英語サイトにリンク

 デモグラフィーの変貌
2億5千万人以上の国民が高い可処分所得を持ち、欧米グッズを渇望している

一番有望なフランチャイズ業種
教育、飲食、健康、美容、サービス、小売り

やってはいけない行動
指で指し示すのは失礼な態度とみなされる。
インド人は顎を使う 。
  • インドを一覧する;紙幣改革で揺れるインドを特集

    ソース: 米国フランチャイズタイムズ



    ソース: U.S. Commerce Service, CIA World Factbook, World Bank, "Kiss, Bow, and Shake Hands"

    位置:
    南アジアに位置し、ビルマとパキスタンに挟まれアラビア海に接する 

    言語:
    公式言語15、ヒンズー語が国の公用語で人口の41%が話す。英語は最も重要な公用語で、政治、ビジネスに使われる。

    人口:13億

    首都:ニューデリー

    政体:
    インド共和国、多数政党による連邦制共和制、政府の長が首相であり、国の首長が大統領に就任する。

    経済:
    1990年代初頭に始まった経済自由化を受け、インドは自由経済に仲間入りした。厚い若年齢層、健全な貯蓄率、高い投資率、益々強化される経済のグローバル化等の理由によりインド経済の長期的見通しは明るい。問題点は今も根深い女性や少女の差別、電力普及の未熟、不均衡な教育など。

    フランチャイズの潜在力:
    インドのフランチャイズ市場は現在の 134億ドルから2017年中には 510億ドルに達する見込み。

    文化:
    北米と比べればやや時間にルーズ、「時は金なり」のことわざはインド人には通用しない。インド政府もマイペースなので、契約するまでにかなりの遅れが生じることを予め予測したほうが得策。

    エチケット:
    ビジネス上は夕食よりランチを優先する。ヒンズー教徒は牛肉を食べず、イスラム教徒は豚肉を食べないことを忘れないこと。同じ皿の食事を共有する場合、決して手を触れないこと、あなたの皿のものを決して人に勧めてはならない。食べ物があなたの皿に乗った途端、他者にとってそれは「汚れた食べ物」になるため。

    フランチャイズ協会:
    インドフランチャイズ協会 (Francise Association of India) 同協会の統計によれが、フランチャイズ業界の売上はインド GDP全体の 4%を占める。

    GDP: 2.09兆ドル

    通貨: インドルピー(1ドル=67.072ルピー)

    重大ニュース:
    2016年11月、インド首相のナレンドラ・モーディは 500ルピーと1000ルピーの紙幣を市場から削除する決定を発表した。ヤミ市場から悪貨や偽札を駆逐することが目的である。急な措置であったためインド経済の一部に混乱を生じさせている。