常に最新の フランチャイズ セミナーや加盟イベントをご紹介するコーナーです

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスを探索ください!

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスや加盟店を探索ください!

コラムニストへ

役立つ情報コーナー。今週は フランチャイズ 法が世界一整備されたアメリカFC業界の歴史を振り返ります。


  • 英語サイトにリンク


  • ワシントンDCにあるThe Busboys and Poets restaurantは「移民のいない日」で店を休んだ。

    移民のいない1日をレストランオーナーはどう対処する?

    ソース: National Restaurant News 

    Lisa Jennings

    2月1 6日の木曜日はアメリカ史上で1回目の「移民のいない1日」(A Day Without Immigrants)となった。多くの従業員が欠勤し、抗議集会が各地で開かれた。最近起きた「時給 $15を実現する闘い」と移民のいない1日は別格に扱われるべきだと法律専門家はコメントし、雇い主や会社側に配慮を促している。

    トランプ政権が打ち出した移民政策の抗議し、主にソーシャルメディアを通じてさまざまな団体が組織したイベントである。目的は移民たちが如何にアメリカ経済にとって不可欠の存在であるかをアピールすることにある。

    全米で多くのレストランオーナーは木曜日に閉店し、従業員との連帯を強調する。彼らが抗議デモに参加する自由を与えるためである。しかし、本件は過去2年間で度々開催された時給 $15を実現する闘いと一線を画すと見る法律専門家も多い。後者が職場に直結するケースであり、いわば法的に守られた活動とみなされていたからである。



    全米労働関係条例 (NLRA: National Labor Relations Act)は、職場に関係する特定の問題に該当しないケースをプロテクトできないかもしれないのである。すなわち、当日働かない従業員を法律は守ってくれないかもしれないとフィッシャー・フィリップ弁護士はコメントしている。一方、雇い主側に対しては、許可か禁止かの決断をする前に状況を十分に検討するようにとアドバイスしている。

    合法か非合法か非常に微妙なケースなので、雇い主は法律専門家に相談したほうが無難である。また、当日欠勤した従業員を直ちに罰するのは避けたほうがよい。また、欠勤の頻度も判断基準になる。頻度が高いほど法律が守る余地は少なくなる。さらに、従業員に弁明のチャンスを与えるべきである。

    もし、彼らが抗議に参加する理由の一つに職場状況を挙げる場合はNLRA条例で庇護される可能性があるので要注意だ。従業員が事前の連絡なしに抗議に参加した場合、できれば証人立会いのもとにその証明を確保しておくとよい。

    一部のレストランオーナーが欠勤した従業員の全員を解雇したケースも起きているが、その後の新たな動きはまだ出ていない。