常に最新の フランチャイズ セミナーや加盟イベントをご紹介するコーナーです

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスを探索ください!

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスや加盟店を探索ください!

コラムニストへ

役立つ情報コーナー。今週は フランチャイズ 法が世界一整備されたアメリカFC業界の歴史を振り返ります。


  • 英語サイトにリンク

ショールームへリンク
  • クウェート沿岸部にある Al Koutの街風景、 Al Koutモールには多くのアメリカブランドがテナントとして入居しており、スターバックス、 PFチャングス、TGIフライデーズが含まれる。

    海外マスターの選択で最重要な条件とは

    ソース:米国フランチャイズタイムズ

    Laura Michaels

    適切な海外マスターフランチャイジーを選ぶ選択肢はいろいろあるだろう。クウェートに本社を置く多国籍コングロマリッット企業のアルガニム・インダストリーは3つの道を提示している。アルガニム・インダストリーは、米国フランチャイズブランド「スリムチキン」にとって最初の海外1号店をサルミヤ市(クウェートの隣接都市)にオープンする準備を進めている。

    同社の飲食部門副社長のフィル・ブロードは以下のように説明する。「適切なパートナー選びが後にも先にも一番重要なステップであり、ビジネス関係の構築が要です。大きな契約にサインするのですから、両者が良好な関係を持つことが最重要です」とブロード氏は述べている。次に大切なことは両者が正しく FC本部と加盟店の位置関係を最初に確立することにあるとブロード氏は強調する。

    両社の CEOがマスターフランチャイジー契約に調印。左がティム・ゴードン (スリムチキン)、右がオマー・アルガニム(アルガニム・インダストリー)
    スリムキッチンはアメリカ南部で始まったファーストカジュアルチェーンである。グリルチキンテンダー、ウイング、そして多種類の手作りディッピングソースをテーマにするメニューが特徴である。

    「我々はクウェートに多数のブランドを持ち込みたいとは考えておらず、ぴったりのブランドに集中し成功させたい。その意味でチキンはクエート地域で強いコンセプトであり、ファーストカジュアルという業態もスペース的に我々がやりたい目的に一致している。」とブロードは述べている。

    スリムチキンはアーカンソー州で始まったフランチャイズブランドだが、今回のディールで初めての海外進出となる。アルガニム・インダストリーにとっては3番目の取り扱いブランドになる。

    アルガニム・インダストリーは積極的に取り扱う海外ブランドを増やしている。 2013年に英国発のフランチャイズ、コスタコーヒー Costa Coffee(link)と加盟店契約を締結した。コスタコーヒーは世界2位のコーヒーチェーンである。

    2015年、アルガニム・インダストリーはウエンディーズを MENAリージョン、すなわち中東と北アフリカのテリトリーで展開する権利を取得した。そして、今回のスリムチキンも同じくMENA全体に拡大させるプランである。

    アルガニム・インダストリーは湾岸地域をベースにする大手プライベート企業の1つであり、同地域ならびにトルコ、インド、盗難アジアを含む40カ国で 30を越える事業を運営する。米国パートナー企業には GM、フォード、 Whirlpool、アメリカンエキスプレス等が含まれる。

    クウェート人はスリムチキンの人気メニュー「チキン&ワッフル」を気に入るだろうか。アルガニム・インダストリーは「絶対にいける」と太鼓判を押している。