常に最新の フランチャイズ セミナーや加盟イベントをご紹介するコーナーです

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスを探索ください!

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスや加盟店を探索ください!

コラムニストへ

役立つ情報コーナー。今週は フランチャイズ 法が世界一整備されたアメリカFC業界の歴史を振り返ります。


  • 英語サイトにリンク

ショールームにリンク

    ドライブスルーのコストを60%下げるLIOテクノロジー

    ソース: QSR magazine 

    厳しい経済状況に直面し、レストランオーナーはあらゆる方法を駆使し、あらゆるセクションで経費を節約したいと考えている。接客サービスの質を落とさずに、ドライブスルー・テクノロジーで60%、機材メンテ費用で50%を削減できるとしたらどうだろうか?

    リッスンインオンリーテクノロジー (LIO)でチェックして頂きたい。マイクロフォンを使うことなく、マネジャーとキッチンスタッフは客のオーダーを聞き取ることが可能になった。

    考えてみてもらいたい。ドライブスルーで実際に話すのは誰だろうか?客に話すスタッフは精々で1名か2名なのにも関わらず、ほとんどのレストランでは正確を期すために、そしてサービスを早くするために5人以上のスタッフが客の声を聞けるシステムになっている。しかし、これだけ多くの従業員が高価なヘッドセットで双方向のコミュニケーションをやる必要が果たしてあるだろうか?

    リッスンインオンリーテクノロジーを使うことにより、マネジャーとキッチンスタッフは客のオーダーを聞き取ることが可能になった
    今まではレストラン側に選択の余地はなかった。ドライブスルーのヘッドセットは従来から必ずスピーカーとマイクロフォンがセットで内臓されていたからである。しかし、1〜2名が聞けば十分なものに何故、5、6名分のヘッドセットを用意する必要があるだろうか。

    R.F.テクノロジーズ・インクはクイックサービスレストラン向けのテクノロジー提供者として、1989年以来のリーダー的存在である。LIOテクノロジーはこうした過去の無駄を無くし、レストランオーナーに最大限の効率と収益性をもたらすと同社のボブ・ノーリアンCEOは述べている。