常に最新の フランチャイズ セミナーや加盟イベントをご紹介するコーナーです

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスを探索ください!

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスや加盟店を探索ください!

コラムニストへ

役立つ情報コーナー。今週は フランチャイズ 法が世界一整備されたアメリカFC業界の歴史を振り返ります。


  • 英語サイトにリンク


    フードホール「リバイバル」はシカゴのオフィス街ど真ん中にに位置する。「リバイバルカフェバー」を始めとする今トレンディーなレストラン、メニューを中心に提供している。

    成長するフードホールにフランチャイズは対応できるか?

    ソース: 米国フランチャイズタイムズ 

    Tom Kaise

    従来のフードコートは必ずしもホットなレストランやメニューや夢を供給する場ではない。最悪の場合は冴えない、そして気が滅入るような雰囲気に満ちている。脂っこいチャイニーズ料理、まがい物風のピザ、何時間も温め放しのホットドッグを連想させる。ユニークで新しいメニューなどほとんど期待できない。

    若い客層にとって、その場所が記憶に残る経験を提供する場かどうかが非常に大切なのだが、フードコートに行く気分はガスステーションに給油に行くのと同じような感覚であり、ただお腹を満たす?ぎの場所に過ぎない。それが典型的なフードコートであった。

    スナップ撮影に相応しい食事を要求する今の客層

    昨今の客はスナップ写真に撮りたくなるような食事を求める様になった。全米のデベロパーがフードホールのトレンドを支持するようになり、以前よりはるかにハイエンドのフードコートが商業地域の中心部に出現している

    。記事を読むだけではフードコートとフードホールの違いを実感できないかもしれないが、自分の目で確かめると両者の相違は驚くほどのレベルだ。そこで、最近のシカゴ出張中に訪れたフードホール2箇所とフードコート1箇所を紹介しよう。シカゴフレンチマーケット、ザ・アトリウム、リバイバルの3ロケーションである。

    シカゴフレンチマーケット(Chicago French Market)のインテリアは美しく、通路はキュートなネーミングがつけられており、「Rue de Paris」、「Boulveard Saint-German」など印象的だ。テナントミックスはペーストリーの店からキャンディ、花屋、新鮮果物&野菜を売る店、シカゴスタイルのビーフ&ホットドッグ、さらにはポケや寿司レストランも入居している。恋人と連れ立って歩くには十分にロマンチックなマーケット内である。
    シカゴフレンチマーケット」は美味いものが満載のオアシスともいうべき場所で、ホールないの通路も「パリ通り」 (Rue de Paris)など可愛しい呼び名をつけている。
    ザ・アトリウム(The Atrium)はシカゴを北東に進み、河の向かい側に面している。巨大で伝統的なフードコートであり、天井には辺りを圧倒するようなガラス製のカノーピーがかけられている。ランチ時には凄い混雑となる。

    メインフロアには Supercuts GNC Sprintなどのテナントが入り、下の階には Arby's、 Burger King、 Dunkin Donuts、 KFC、 Panda Express Sbarroなどのフランチャイズ飲食店が並ぶ。 1990年代を再現したかのフードコートであり、エキサイティングなことは一つもない。ここではスナップ写真を撮るだけにして、次の目的地、リバイバルで食欲を満たすことに決めた。
    これもシカゴ市内にある「アトリウム」 伝統的な色が濃い郊外型フードコート
    リバイバル(Revival Food Hall)はシカゴのビジネス地区の中心に位置する。外観は普通だが、内部はアトリウムと対照的をなす美しいフードホールだ。窓際のスツールや南側の壁に沿って置いてあるベンチはファンキーで快適だ。西入り口近くのエリアの中心に大きなテーブルが置いてある。

    小洒落た看板、全方向にある照明が面白い。きちんとした身なりのサラリーマン&ウーマンで満杯の状態だが、確実に若い世代が多い。テナントはHot Chocolate BakeryBrown Bag Seafood Co.Smoque BBQThe BudlongAntique Taco Chiquito Black Dog Gelatoその他さまざまな店が入っている。