常に最新の フランチャイズ セミナーや加盟イベントをご紹介するコーナーです

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスを探索ください!

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスや加盟店を探索ください!

コラムニストへ

役立つ情報コーナー。今週は フランチャイズ 法が世界一整備されたアメリカFC業界の歴史を振り返ります。


  • 英語サイトにリンク


ショールームにリンク


    パネラブレッドが飲食業界最大額で買収された

    ソース: 米国フランチャイズタイムズ 

    Nicholas Upton

    クリスピー・クリーム KeurigPeet's Coffee Caribou Coffeeの各ブランドを所有するJAB ホールディングCo.が、パネラブレッドを 75億ドルで買収すると発表した。

    これだけの高額で今回のパネラ買収が実現した理由として、専門化筋はファーストフードより良質な素材を導入したこと、wi-fi完備、顧客がヘルシーメニューを選択できるオプションをつけたことなどを挙げている。

    また、パネラブレッドは他競合に先駆けてでデジタルオーダーのテクノロジーをいち早く導入している。投資資金は3月31日を起点として、30日の取引平均を元に 30%プレミアムをつけ、額面 $315で購入する。JABは同時に 3億4,000万ドルの債務を継承する。買収価格は同時期のパネラブレッドの株価最高値の 20%プレミアム増に匹敵する。

    パネラブレッドの15%を所有する創立者ロン・シャイクは「パネラブレッドはレストラン市場において最も成功したケースの1つです。昔、ボストンの僅か 400平方フィートでスタートした店が 2,000ロケーション、売り上げ 50億ドル、10万人のアソーシエーツ(従業員を指す)になりました。今回の買収はこれまでの努力の結果が直接反映されたものであり、株主にとって大きく価値が増幅されました。」と述べている。

    「パネラ 2.0」と題してキオスクの導入、テーブルサービスの実施、スマホアプリでサービスのスピードアップ化等の努力が大きなインパクトを与えたと推測されている。