常に最新の フランチャイズ セミナーや加盟イベントをご紹介するコーナーです

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスを探索ください!

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスや加盟店を探索ください!

コラムニストへ

役立つ情報コーナー。今週は フランチャイズ 法が世界一整備されたアメリカFC業界の歴史を振り返ります。


  • 英語サイトにリンク




  • 業界で一番頻繁に話題にされたのはスターバックス

    ソース: QSR magazine 

    Danny Klein

    スターバックスがソーシャルメディアのエンパイアを築いたことを考慮すれば、一番話題に上ったビジネスのトップにスターバックスが来るのは当然過ぎる話かもしれない。エンゲージメントラブ (Engagement Lab)発表のトータルソーシャル・ランキングによれば、クイックサービスブランド 10でトップを勝ち取ったのはスターバックスであった。

    順位を決める基準はエンゲージメントラブの独自開発によるトータルソーシャルデータに基づき、ソーシャルメディアとワードオブマウズ限定で継続的に計測して得られるブランドパフォーマンスの最重要ドライバーの内容数値で決定された。この中にはオンライン十フライ両方の会話も含まれる。言い換えると、フェースツーフェースの話し合い VS ソーシャルメディアの対照である。同社のテクノロジーはオフラインの会話をトラッキングする世界で初めてのツールと述べている。

    エンゲージメントラブは本調査を通じて以下のように結論している。トータルソーシャルで対象としたクイックサービス 500ブランドの中でクイックサービスのパフォーマンスは低かった。そして、オフラインのポイントはオンラインより高い傾向であった。すなわち、面談による会話のほうが今なお一番強いインパクトを持つことが業界で証明されたといえる。