常に最新の フランチャイズ セミナーや加盟イベントをご紹介するコーナーです

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスを探索ください!

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスや加盟店を探索ください!

コラムニストへ

役立つ情報コーナー。今週は フランチャイズ 法が世界一整備されたアメリカFC業界の歴史を振り返ります。


  • 英語サイトにリンク


ショールームにリンク


    育児休暇の拡大で差別化をするファーストフード FC

    ソース: QSR magazine 

    Bryan Reesman

    クイックサービスチェーンは様々な方法を通じて他競合と差別化を図りたいと考えている。その一つとして、従業員にインセティブを与えるために重要な事案に上がってきたのが育児の有給休暇である。人の入れ替わりが非常に激しい業態なので、このインセンティブは従業員のやる気を起こさせ、リテンションを維持するまさに理想的な解決策の1つと考えられている。

    「この業界は低マージンの商売なので、社員報酬とかベネフィットの話になると、ぎりぎりの線で妥協し、他競合と同じレベルでお茶を濁し勝ちです。しかし、私たちは従業員ベネフィットに関してはパッションを持って、他競合と明確に差別化をしていく方針です。」と語るのは、ヤム!ブランドのマーク・ラガスティ副社長である。ラガスティ副社長はグローバルタレント&組織開発を担当する。ヤム!ブランドはタコベル、 KFC、ピザハットを擁するホールディング会社である。

    ヤム!ブランドは育児休暇のポリシーをアップグレードした。米国ヤム!ブランドの場合、出産した母親は6〜8週間の有給育児休暇をもらえた。今、有給休暇は18週まで延長され、しかも父親も「赤ちゃんと絆を深める時間」をもらえるようになった。