常に最新の フランチャイズ セミナーや加盟イベントをご紹介するコーナーです

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスを探索ください!

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスや加盟店を探索ください!

コラムニストへ

役立つ情報コーナー。今週は フランチャイズ 法が世界一整備されたアメリカFC業界の歴史を振り返ります。


  • 英語サイトにリンク


ショールームにリンク

    ウォール街からニューブランド、バブルオロジー誕生まで

    ソース: 米国フランチャイズタイムズ 

    Tom Kaiser

    「アサド・カーンが初めてバブルティを味わったのは 2009年、ニューヨークのチャイナタウンを訪れた時のことだ。その時の印象は強烈で今も、なおはっきり記憶している。台湾茶を飲んだ経験が彼のその後の人生を変えてしまったのだから。

    同氏は当時 JPモーガンチェイスに勤務する銀行マンだったが、翌年には退職し、ロンドンに移転、すぐさまバブルティのビジネス準備にとりかった。彼の言葉を借りるなら「バブルティのスターバックス」を作り上げることが目標だった。

    「かなりいいキャリアの仕事があったと思いますが、ヨーロッパブランドで最初のプレミアムバブルティをスタートする方がはるかにエキサイティングでした」とカーンはインタビューに答えている。

    ヨーロッパ全体に拡大した後に北米進出を果たすことが当初からのゴールだった。 2011年に事業プランをスタートし、ほぼ6年間後の現在、既に 9カ国で展開している。バブルオロジーはイギリスとヨーロッパでカテゴリー・リーダー、つまりバブルティのカテゴリでは常に業界リーダーの地歩を保っており、現時点で 70ロケーションを展開中である。

    バブルティのスターバックスに成長させることが私の目標です….アサド・カーン、バブルオロジー CEO
    アメリカ進出に際し、カーン CEOならびに同ブランドの機関投資家たちは十分な資金を再投入した上で著名な小売ショップ、ブルーミングデールやトップショップとパートナーシップ契約を結んだ。ブランド露出を最大に発揮することが目的である。

    バブルオロジーはユニークな体験を客に提供する。ドリンクはオーダーによってフルーティーかミルクティベースのどちらかに分かれ、フルーツジェリーかタピオカのつぶつぶを楽しみながら味わう。固形物と液体のハイブリッド飲料がヨーロッパ人やアメリカ人にとって新しい経験になる。

    アメリカには 4店舗がオープンしている。アメリカ人の顧客層は 14〜30歳前後、ヨーロッパと比較すると少し上の年齢層になる。カーン CEOによれば、バブルティは、最初の時期にはニッチ商品であったという意味で、寿司やメキシカンフードの発展経緯と同じような軌跡を辿りつつあるという。成功の鍵を握るのは、一つレベルを上げ、カテゴリー・リーダーになることだとカーン CEOは言う。

    バブルオロジーのフランチャイズ情報
    ウエブサイト: http://bubbleology.co.uk/ (イギリス)、 https://bubbleologyusa.com(アメリカ)
    ブランド名:Bubbleology
    創立: 2011年(フランチャイズ開始:2016年)
    本部住所:14 Parkway,London NW1 7AA, UK
    CEO: Assad Khan
    主なサービス&プロダクツ: 2011年、ロンドンの中心地SOHOに1号店をオープンしスタートした。バブルティドリンクを提供するショップをフランチャイズ展開する。まがい物ではなく、バブルオロジー・チームは台湾のマスターにトレーニングを受ける。正確な計測と温度を必要とする飲料なので、本物の味と品質を徹底する努力を怠らない。
    初期投資額:$172,250〜$293,100
    加盟金:$30,000
    ロイヤルティ:5%
    広告ファンド:1%
    初期契約期間: 5年
    店舗数: 70 (イギリスを中心とするヨーロッパ)