常に最新の フランチャイズ セミナーや加盟イベントをご紹介するコーナーです

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスを探索ください!

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスや加盟店を探索ください!

コラムニストへ

役立つ情報コーナー。今週は フランチャイズ 法が世界一整備されたアメリカFC業界の歴史を振り返ります。


  • 英語サイトにリンク



    未来型マクドナルド店舗のレンダリング


    ソース: Franchise Times  

    ビックマックをあなたのお家まで

    今年3月、マクドナルドはシカゴ都心部で開催されたインベスターデイの日に驚くほど大胆な店舗コンセプトを発表した。同チェーンが「 Experience of Future」(未来経験)と名打つプロジェクトの一環として、宅配サービス付き、アプリによるスマホ注文、カーブサイド・ピックアップ、斬新なインテリアとエキサイティングな店舗コンセプトを紹介したのである。

    実際のところ、本プロジェクトは海外では既に実施されており、宅配事業の売上アップという形で成果が出始めているのだ。マクドナルドのマネージメントは、宅配ビジネスを「今日の飲食事業における最も重要な変化」と位置付け、テクノロジーのアップグレード、店舗内の様々な革新、外部業者と提携し宅配サービスを通じて顧客ベースを拡大すると同時に、他の新進競合チェーンに奪われた客を取り戻すことを念頭に置いている。



    今、飲食業界では宅配、テクノロジー、サービス・スピードの向上が3種の神器となった感さえある。そして、マクドナルドの現システムはこれらの要請にすべて対応できるというユニークなポジションにあるとマネージメントは考えている。

    こうした最新トレンドをキャッチできる一番有利な立場にあるのがマクドナルドであり、それをマクドナルドの重要戦略の一つとして実行中なのである。なぜならば、全人口の75%近くがマクドナルド店から3マイル以内にいるからだ。