常に最新の フランチャイズ セミナーや加盟イベントをご紹介するコーナーです

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスを探索ください!

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスや加盟店を探索ください!

コラムニストへ

役立つ情報コーナー。今週は フランチャイズ 法が世界一整備されたアメリカFC業界の歴史を振り返ります。


  • 英語サイトにリンク


ショールームにリンク


    インターンから最高経営責任者に駆け上る

    ソース: 米国フランチャイズタイムズ Alex Van Abbema

    2011年、アン・リットマンはテキサスの自動車教習会社「 Safeway Driving」(セーフウエイ・ドライビング)のインターンとして勤務した。当時は5箇所で運営する小規模な企業だった。6年後の 2017、企業規模を 22に成長させた功績を認められ、リットマンは CEOに抜擢された。若干 28歳のリットマンであった。
    州によっては、運転免許証の取得にあたり運転研修を義務付けていません。怖い話です。... アン・リットマンCEO
    最近リットマンが力を入れたのはテクノロジーの導入である。リットマンの昇進と並行して、彼女とプロジェクトチームは「ドライブセンター」と呼ぶ運営システムを開発した。簡単に言えば、業務からすべてのペーパーワークを排除したのである。それに加え、生徒が好きな時間に学習できるオンランカリキュラムも完成させた。リットマンが運営部長、さらに副社長に昇進するのと並行して会社はテキサスの全域にビジネスを拡大していったのである。全米進出をすぐ実行できない一番のネックは、各州で法律が違うため異なる対応、カリキュラム、システムを求められるからだ。ただ、オハイオはテキサスと類似する規則なので、目下のところテキサスとオハイオにおける拡大を最優先に事業を推進している。


    「州によっては、運転免許証の取得にあたり運転研修を義務付けていません。怖い話です。ですので、我々が対象とするテリトリーは、こうした自動車研修を義務付けている州に限定されます。」とリットマン新 CEOは語る。リットマンCEOは自閉症の人々を対象とするドライバー教習にも力を注ぐ。参加者がそれぞれのペースで参加できるプログラムが開発済みだ。平常者と比べ 20時間ほどを余分にかけて自閉症ドライバーの運転スキルを合格レベルに持っていくという。

    セーフウエイ・ドライビングのロケーションは現在22、州によって法律が違うため、すぐに全米展開できないところが悩ましい。
    セーフウエイ・ドライビングのフランチャイズ情報
    ウエブサイト: http://www.safewaydriving.com/
    ブランド名:SafeWay Driving
    創立: 1973年(フランチャイズ開始は 2014年)
    本部住所:929 Gessner, Suite 2075, Houston, TX 77024
    CEO: Ann Littmann
    主なサービス:
    車運転の教習サービスを提供。42年間の営業実績、 25万人のドライバーをトレーニングした経験と最新の研修ビジネスモデルが特色。研修はサーフウエイ大学で実施され、合格者には認定証を発行。 24時間365日運営のオンライン教習マネージメントシステムも運行中。
    必要な手持ち資金: $50,000~$100,000(店舗スペースや工事費は不要)
    加盟金:$35,000 /car(運転車が3台のゾーン区域の場合は $35,000 x 3 = $105,000)
    ロイヤルティ:7%
    既存ロケーション: 22(直営 2、加盟店  20)