常に最新の フランチャイズ セミナーや加盟イベントをご紹介するコーナーです

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスを探索ください!

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスや加盟店を探索ください!

コラムニストへ

役立つ情報コーナー。今週は フランチャイズ 法が世界一整備されたアメリカFC業界の歴史を振り返ります。


  • 英語サイトにリンク


ショールームにリンク

    最近のデイリークイーンの成長が凄い

    ソース: 米国フランチャイズタイムズ

    Tom Kaiser
    80年前にできたにも関わらずデイリークイーン DQは今凄いスピードで伸びており、他競合の多くを上回る結果になった。 5月6日にネブラスカ州オマハで開催が予定される「 Berkshire Hathaway株主総会」の予告としてDQは次の数字を発表している。

    2016年の1年間にDQは海外を含むネットワーク全体で新規店舗を 318オープンした。しかも、同年はDQが過去最大数のグリル&チル(食事を提供する DQコンセプトショップ)をオープンすることとなり、従来のアイスクリーム客に加え、食事客という新たな顧客層の獲得に成功した年でもある。アメリカ国内で去年オープンした新店舗は 82だったが、そのほとんどはグリル&チル店だた。新店舗は 29州に渡ってオープンされ、特にリトルロック、アーカンソー、スターテンアイランド、ニューヨーク、ノックッスビル、テネシー、シャールストン、サウスカロライナはDQが初めて紹介されるになった。

    上記の株主総会で DQのジョーン・ゲイナー CEOは食事を出すコンセプトによって、既に冷菓ジャンルで確立済みのブランドをさらに強化した経緯について講演する予定だ。

    食事を出す店は従来の看板に加え「グリル&チル」を大きく表示している。