常に最新の フランチャイズ セミナーや加盟イベントをご紹介するコーナーです

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスを探索ください!

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスや加盟店を探索ください!

コラムニストへ

役立つ情報コーナー。今週は フランチャイズ 法が世界一整備されたアメリカFC業界の歴史を振り返ります。


  • 英語サイトにリンク


  • 「我々トレーナーからみれば緊急でも何んでもないのですが、初心者の彼らにとってはパニックものの重大事なのです。と語るポール・ボスニアグ(左)とマディー・バイス

    加盟店サポートの要は個人の信頼関係

    ソース: 米国フランチャイズタイムズ Beth Ewen

    ミネソタ州ウッドベリーでエニタイムフィットネスのインストラクターをやっているダイナミックな2人組、マディー・バイスとポール・ボスニアグの話である。

    日本でも大成功を収めているエニタイムフィットネスクラブだが、バイスとボスニアグはこちらのベースキャンプで 1,000人以上の加盟店オーナーをトレーニングしてきた。「我々インストラクターは精神科医であり、結婚相談カウンセラーであり、時には宗教者であったりします。」と答えるのはポール・ボスニアグは言う。「 AからZまで(つまり全て)カバーします。遠慮なく覚醒を促します。」とはマディー・バイスの弁である。

    多くの FC本部は加盟店をサポートするコンサルタントを採用しているが、加盟店オーナーと仲間意識と共感を持つまでにはなかなか至らない。ましてや、金曜日の晩、エニタイムフィットネス本部で開催される午後のダンスパーティに積極参加するようなコンサルタントは他の FC本部には少ないだろう。

    研修に際し、インストラクターが最初にやるべきこと、それは新しい加盟店オーナーと信頼関係を築くことだと言う。それには加盟店オーナーによってトレーニングを変える、カストマイズしていかざるを得ないという。エニタイムフィットネスの加盟店になる人たちの 50%は事業経験を持たず、さらに50%はフィットネス業界初体験なのだ。彼らの学習曲線は急カーブにならざるを得ない。

    個人として親しくなるとトレーニング効果抜群だとマディは言う。従って、彼らの出身地、家族、友達、趣味など様々に個人的な質問をして相手の理解を深めるのだ。マディーたちを信頼してもらうことが第一目的なのだが、それは彼らの実績、数字が基盤となる。なぜ若干 29歳のマディを信頼できるかといえば、これまでに 1,016クラブのオーナーをトレーニングしてきた実績が物をいう。

    営業トークではなく、良い関係を構築することが最大のポイントだとマディは答えている。時には生徒たちがパニックに陥ることがよくある。そんな時、彼らが言うのは、「ここはフィールドオブドリームの場ではない。つまり、球場をつくってもレジェンドの選手たちはやって来ない。」と厳しい現実を相手に伝える。

    開店するまでの詳細プランを一つ一つ説明し理解してもらう。運転資金は足りているか。所要時間はどれくらいなのか。「アクションプランを立案すると非常に役立ちます」と2人のインストラクターは語る。