常に最新の フランチャイズ セミナーや加盟イベントをご紹介するコーナーです

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスを探索ください!

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスや加盟店を探索ください!

コラムニストへ

役立つ情報コーナー。今週は フランチャイズ 法が世界一整備されたアメリカFC業界の歴史を振り返ります。


  • 英語サイトにリンク


  • 災害の後処理会社ピュロクリーンは火災、洪水その他あらゆる災害によるダメージを補修するユニークな専門チェーン

    ピュロクリーンの創立者は災害処理が大好きな人

    Tom Kaiser

    眠りにつく為に数を数える方法がある。アメリカでは羊を1匹、2匹 …と数えるのが、次の数え方もある。55世帯の1世帯が水害に遭う ..., 250世帯の1 世帯が火災の被害を経験する...。これでも眠れないようなら、いっそのこと災害処理事業をあなたのビジネスチャンスに出来ないか考えてみるのも良いアイデアではないか。

    ピュロクリーン(PuroClean)のマーク・デービスCEOは災害処理の仕事に喜びを見出すという珍しい人物である。ピュロクリーンはフロリダに本拠を持つ、今大成長の真っ只中にあるフランチャイズチェーンだ。デービスCEOは2015年にピュロクリーンの80%を取得したが、その後、同チェーンは加盟店を新たに 60ユニットを加える予定であり、売上は 30%増となった。その背景には毎年確実に増加する人口、2つの大きな保険会社と提携したことが主な理由と考えられている。

    マーク・デービスCEOは 2015年にピュロクリーンの80%を取得
    「人口増によって様々な施設が新たに増設されます。つまり、毎月、建造物の床面積が増えているわけで、我々の業界はこうした建造物の増加と歩調を合わせ成長するものです。国全体が成長しているおかげです。」とデービス CEO兼会長はインタビューに答えている。

    フランチャイズ業界においてデービス程、災害に詳しい人間は他にいない。 1996年、デービスは若干27歳の時に、ロッキーマウンテンカタストロフ(Rocky Mountain Catastrophe)を買収している。それを売却した後、彼は共同で、ベルフォーUSA グループ(Belfor USA Group)を創立した。彼の在籍中に同社は年商 3,500万ドルから4億ドル企業に成長した。さらに8年後にはベルフォーUSA を売却、シグナルレストレーションサービス(Signal Restoration Services)を買収し、現在も同社の共同 CEOの役職にある。

    デービスがピュロクリーンのCEOに就任して1年半が経過した。彼の最近の自慢は、同ブランドの240ロケーション(米国とカナダ)を視察するために 130日以上を機上で過ごしたことだ。

    ソース: 米国フランチャイズタイムズ