常に最新の フランチャイズ セミナーや加盟イベントをご紹介するコーナーです

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスを探索ください!

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスや加盟店を探索ください!

コラムニストへ

役立つ情報コーナー。今週は フランチャイズ 法が世界一整備されたアメリカFC業界の歴史を振り返ります。


  • 英語サイトにリンク




    加盟店オーナーを本部従業員に認めない前例が作られた

    Beth Ewen

    労働局 (Department of Labor)はオクラホマ・ジャニキングを訴えたのが敗訴という結果に終わった。この裁定は労働局にとって大打撃となった。(フランチャイズタイムズで度々取り上げてきたが)労働局は、一律に加盟店オーナーをフランチャイザーの従業員とみなす方向に進めてきた経緯がある。もし、加盟店オーナーがFC本部の従業員とみなされる決定であったなら、フランチャイズのビジネスモデルの根幹が崩れてしまう危険があった。

    労働局 (Department of Labor)はオクラホマ・ジャニキングに対し加盟店従業員の勤務時間を提出せよと迫った。加盟店は本部の従業員とみなしたのであったが、裁判所はこれを棄却する決定を6月9日に下した。
    ジャニキングが今回勝訴した理由は2つあると言われる。第一に、財産権の侵害として憲法違反にあたるという議論である。即ち、労働局が求める解決は加盟店契約の取り決めを無効にするからである。

    第二の理由として、労働局が掲げる議論の一部は個人に該当するかもしれないが、法人には適用されないとされる。オクラホマ地方裁判所は、30日以内に労働局が控訴しない限り最終決定となる旨を告げている。労働局は控訴するかどうかを発表していない。
    ソース: 米国フランチャイズタイムズ