常に最新の フランチャイズ セミナーや加盟イベントをご紹介するコーナーです

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスを探索ください!

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスや加盟店を探索ください!

コラムニストへ

役立つ情報コーナー。今週は フランチャイズ 法が世界一整備されたアメリカFC業界の歴史を振り返ります。


  • 英語サイトにリンク


  • 台北にオープンしたフーターズの最新店の店内シーン

    東南アジアは今なおフーターズにとって拡大市場

    Laura Michaels

    フーターズは台北(台湾)に最新の店舗をオープンした。これで東南アジアにおけるフーターズ (Hooters)は 28店舗となった。台湾の他にタイ、シンガポール、フィリピン、香港、カンボジアに進出済みである。

    フーターズのパートナーになったのは、バンコクを本拠にリゾート事業を展開している DESTINATION EATS社で、2015年に35ロケーションの多店舗開発契約(マスターフランチャイズ契約)をフーターズと締結している。ゲリー・マレー CEOが率いる同社は、最近になってシンガポールに加え、ジャカルタ(インドネシア)、コーサムイ(タイ)にフーターズをオープンしている。

    台北フーターズのフーターズ・ガールたち

    フーターズは4年前から海外進出を積極的に推進している。海外パートナーに要求される最低条件は正味資産 $3ミリオン、流動資産 $1.5ミリオン、指定テリトリーにつき3ユニットとなっている。

    先述のDESTINATION EATS社はこうした条件を遥かに超えており、タイ全体にホテルやリゾート施設を運営する他に、ハードロックカフェなども運営する。同社はさらにピザやイタリアンカジュアルの各ブランド、ハイエンドのステーキレストランをタイ並びに他の海外各地で経営している。

    今夏中にプノンペン(カンボジア)とマニラにもフーターズが複数店舗オープンする予定だ。
    ソース: 米国フランチャイズタイムズ