常に最新の フランチャイズ セミナーや加盟イベントをご紹介するコーナーです

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスを探索ください!

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスや加盟店を探索ください!

コラムニストへ

役立つ情報コーナー。今週は フランチャイズ 法が世界一整備されたアメリカFC業界の歴史を振り返ります。


  • 英語サイトにリンク



  • 労働保護法が適用されないケース発生

    Beth Ewen

    連邦控訴裁判所は、ジミージョーンズ・サンドイッチチェーンの加盟店オーナー側(10店舗)と従業員との訴訟ついて、ミルクリン・エンタープライズ 、即ち、加盟店側に有利な裁定を下した。その理由は、当該の従業員が余りにも不誠実なため、組合化に関する保護法の適用を受けられないと裁判所が判断したことによる。

    組合賛成派の従業員グループが問題にしたのは、店側が病欠を認めない会社側の方針であった。 2011年、この方針に反対する従業員たちは非常にセンセーショナルなポスターを近辺に貼ったのであった。

    問題のポスターは、健康なスタッフが作ったサンドイッチと病気のスタッフが用意したサンドイッチを対比させ、「違いが分かりますか?分からないでしょう?ジミージョーンズ・フランチャイズは従業員が病欠すると賃金を払ってくれないのです。」という文章を付け加えたのだった。

    今月3日に出た裁定は「従業員のコメントは同チェーンの食品の品質およぼ方針に対する厳しい攻撃とみなされる。」という内容だった。従って、ミルクリン・エンタープライズがこれら従業員を解雇しポスターを排除する行動を罰する決定をしなかったのである。

    本件において 2014年には第8サーキット米国控訴裁判所は先の裁定を覆し、 NLRBの決定の決定による6名の権利侵害を認めたのであった。ミルクリン・エンタープライズは公聴会の開催を要請し承認を得ていた。
    ソース: 米国フランチャイズタイムズ