常に最新の フランチャイズ セミナーや加盟イベントをご紹介するコーナーです

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスを探索ください!

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスや加盟店を探索ください!

コラムニストへ

役立つ情報コーナー。今週は フランチャイズ 法が世界一整備されたアメリカFC業界の歴史を振り返ります。


  • 英語サイトにリンク



  • アメリカ合衆国議会下院で共同雇い主の影響を検討

    Ron Ruggless

    スモールビジネスとフランチャイズ本部は、アメリカ合衆国議会の下院に対して NLRB(全米労働関係委員会)による共同雇い主の意味を明確にする要請を送った。特に、過去 NLRBがマクドナルドに適用した雇い主の定義が混乱を起こし、スモールビジネスに大きな影響を与えたとフランチャイズ代表者(ニューオリンズのレストランブループ Dat Dog)は申し立てている。

    Dat Dogのジェリー・リース(加盟店開発部長)は「スモールビジネスは共同雇い主の定義がばらばらで、しかも拡大解釈されていることに非常に困惑している。」と証言している。

    Dat Dogはフランチャイズを開始して間もなく、今夏中に5番目の店舗をオープンする予定だが、彼らの様にフランチャイズ歴の浅い会社は特に影響が大きく、明確な基準を示してもらいたいと要求したのであった。議会が問題解決を図ってくれるはずだとリース部長は期待感を滲ませる。

    下院の労働協議パネルで議長を務めるバージニア・フォックス議員は、委員会では共同雇い主の法令内容を更新することを協議すると述べている。「同委員会は以前に慣習法の復活を通してスモールビジネスと従業員を保護する法案を推進したことがある。政権が新しくなったので、本懸案を解決するチャンスが生まれた。」とフォックス議員は公聴会で発言している。

    関連記事のリンクはこちら:
    http://www.fctimes.jp/current/y15m09/090515_3.html
    http://www.fctimes.jp/current/y14m08/081414_7.html
    http://www.fctimes.jp/current/y14m08/081414_8.html
    http://www.fctimes.jp/current/y15m01/010415_4.html
    http://www.fctimes.jp/current/y16m11/112116_1.html
    http://www.fctimes.jp/current/y14m08/080714_1.html
    ソース: Nation's Restaurant News