常に最新の フランチャイズ セミナーや加盟イベントをご紹介するコーナーです

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスを探索ください!

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスや加盟店を探索ください!

コラムニストへ

役立つ情報コーナー。今週は フランチャイズ 法が世界一整備されたアメリカFC業界の歴史を振り返ります。


  • 英語サイトにリンク



  • ブレーズピザに賭けたNBAスターの賭けが大当たり

    Jonathan Maze

    2015年、 NBAスターのレブロン・ジェームズはマクドナルドと年間$14ミリオンのスポンサー契約を断った。マクドナルドを断ってジェームスが新たに契約したのはファーストカジュアルピザのブレーズピザだった。ブレーズピザは本誌で何度も紹介しているが、パサデナ市(カリフォルニア州)で始まった成長著しいフランチャイズチェーンである。

    2年前にジェームズが取った選択はリスキーなものだった。ブレーズピザは当時から最速成長を遂げていたブランドの1つではあったもののマクドナルドと比べれば物の数ではなかった。しかし、彼は賭けに勝ったようた。デジタルメディア会社「 Uninterrupted」とのインタビューでジェームズはシンプルにブレーズピザの方がチャンスが多かったからだと紳士的に理由を説明している。

    「マクドナルドとはずっと良い関係でやって来ました。数年間に渡り、私たちはテレビで素晴しい仕事を一緒にやって来ました。ただ、初めてブレーズピザを食べた時、ピザの味を素晴しいと感じてしまったのです。あまりにも美味いので1枚をホテルに持ち帰った程です。」とジェームズはブレーズピザとの出会いを語っている。

    ジェームズは、ブレーズピザがまだ2店舗だった2012年に早くも投資している。しかし、 2015年に彼が取った行動はそれ以上だった。彼のビジネスマネジャーであるマーベリック・カーターはブレーズピザの加盟店になることを勧めたのであった。その結果、フロリダとシカゴで複数店舗をオープンする契約を結んだのである。

    「当時、見せられた数字のポテンシャルを考えた時、そして、それなりと時間と努力を積み上げた見返りはマクドナルドが保証した金額より大きいと判断したのです。4年間で超えると予測できたのです。」とジェームズはインタビューで答えている。
    ソース: Nation's Restaurant News