常に最新の フランチャイズ セミナーや加盟イベントをご紹介するコーナーです

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスを探索ください!

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスや加盟店を探索ください!

コラムニストへ

役立つ情報コーナー。今週は フランチャイズ 法が世界一整備されたアメリカFC業界の歴史を振り返ります。


  • 英語サイトにリンク




  • 900店舗を達成したスムージーキングの戦略は正しかった

    Nicholas Uptown

    ワン・キムが 2012年にスムージーキングを買収した時、彼の頭の中にはただ一つのテーマしかなかった。このブランドが全ての局面で健康なライフスタイルの一部になることだった。そこに辿り着くには多大な時間と努力を費やしたのだが、900店舗目を達成した今、キムCEOと加盟店はスムージーキングというブランドを正しい方向に変革したことを証明するものであろう。

    「5年前に買収した時、修正すべきことがたくさんあると感じていました。今回の大目標を達成し、こうした変革が正しかったと認識しています。」とキムCEOは語る。ロゴや店舗デザインの修正、ドライブスルーの店舗を積極的に増やす、加盟店開発を大々的に推進したことなどが、全てヘルシーライフに敏感な消費者の心を捉えた。こうした変革は店舗の収支改善にも大きく貢献している。

    「以前の店舗平均売上は $332,000(年間)でしたが, 2016年には $490,000に増加しました。店舗売上が50%増えたらどれだけ利益が増えるか想像できるでしょう。」とキムCEOは説明する。

    スムージーキングによる本気のヘルシーライフスタイル方針は単なるトレンドの域をはるかに超え、特にミレニアル世代にアピールした。実のところ、クイックサービス業界でそこまでヘルシーにこだわるブランドは少ないのである。例えば、持続性の追求と新鮮な食材を提供する動きは素晴しいのだが、放し飼いの鶏肉とマヨネーズを組み合わせたメニューは栄養的に偏っているという状況がある。

    キムCEOは広告ファンドとして売上の1%を確保し、アプリを中心にマーケティングをさらに精力的に進める方針であり、健康とフィットネスのテーマを全加盟店に徹底して行き、2018年の春までに1,000店舗達成を彼は明言している。
    ソース : 米国フランチャイズタイムズ