常に最新の フランチャイズ セミナーや加盟イベントをご紹介するコーナーです

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスを探索ください!

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスや加盟店を探索ください!

コラムニストへ

役立つ情報コーナー。今週は フランチャイズ 法が世界一整備されたアメリカFC業界の歴史を振り返ります。


  • 英語サイトにリンク


ショールームにリンク



    ウィンダムホテルグループが中堅ホテルを買う理由

    Tom Kaiser

    ホテル業界の好況が続く。健康関連ビジネスや個人旅行が増え続ける結果、ホテル増収と高い宿泊率が記録的な数字まで達している。その最中、ホスピタリティ事業者のメジャーはさらにポートフォリオを増やすことで勢力を伸ばしている。ウィンダム・ホテルグループはつい最近ミネソタに本拠を置くアメリックインホテルとその管理会社スリーリバーズ・ホスピタリティを買収した。買収額は 1億7,000万ドルである。

    ウィンダムは既にホテル界の巨人的な存在であるが、今回の買収によって中間スケールのホテル業界を支配することを念頭に置いた動きである。アメリックインは主としてフランチャイズ系のホテルを200展開しているが、その大半が米国中西部、オハイオバレー、山岳の多い州を含む 21州に集中している。具体的にはミネソタ、ウィスコンシン、アイオワ、ミシガン、ノースダコタ等が含まれる。部屋総数は 11,600室である。

    買収後、ウィンダムは中間サイズのホテルを1,500所有することになり、買収の完了時には(まだ関係当局の最終承認待ちの状態)中西部で圧倒的な存在になる。
    ソース: 米国フランチャイズタイムズ