常に最新の フランチャイズ セミナーや加盟イベントをご紹介するコーナーです

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスを探索ください!

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスや加盟店を探索ください!

コラムニストへ

役立つ情報コーナー。今週は フランチャイズ 法が世界一整備されたアメリカFC業界の歴史を振り返ります。


  • 英語サイトにリンク




  • ジェネレーション Xの存在を忘れるな

    Lura Michaels

    レストラン業界はまるでミレニアル世代のハートを掴むことが全ての様に見られている昨今だが、マーケティング責任者は別の方向にも注意を怠ってはならない。ジェネレーション Xは、ついついミレニアル世代とベビーブーマーの間に挟まれ影が薄くなりがちだが、顧客ベースとしてレストランには欠かせない存在なのだ。

    ジェネレーションXは 36歳〜52歳までの年齢層を指し、今やレストラン客全体の23%を占めるに至っている。この数字は実はミレニアル世代 (26%)とベビーブーマー(25%)と大差がないのである (NPDグループの研究による)。同社の研究によれば、「こうした重要な年齢層グループにアピールすることは他のキー年齢層にも通用する」という事実なのである。すなわち、これら3つの年齢層グループは外食を大事な活動の一つにとらえ、多くは夫婦共稼ぎで家計に余裕がある人たちだ。食材の品質に価値をおき、カストマイズを好み、顧客満足をしっかり求める世代なのである。

    過去数年間を通じレストラン客数は減少傾向にある。フランチャイズレストランの経営者たちは何としても客の出足を増やしたいのである。「この様に激しい競争環境にある今、キーとなる消費者グループの関心をどれだけ惹けるかが極めて重要です。彼らが気にするものをいち早くキャッチし、戦略を練って固定客と売り上げを増やす努力、ユニークな戦いが前にも増して重要になりました。」と語るのはNPDグループのアナリスト、ボニー・リッグスである。
    ソース: 米国フランチャイズタイムズ