常に最新の フランチャイズ セミナーや加盟イベントをご紹介するコーナーです

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスを探索ください!

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスや加盟店を探索ください!

コラムニストへ

役立つ情報コーナー。今週は フランチャイズ 法が世界一整備されたアメリカFC業界の歴史を振り返ります。


  • 英語サイトにリンク



  • インスタグラムのインパクト恐るべし

    Nancy Weingartner

    2年前、ツイン シティ(ミネソタ州ミネアポリスとセントポール)のレストラン業界で、キム・リー・カリー( Kim Ly Curry)を知る人は少なかった。しかし、飲食の世界でインスタグラム・センセーションを巻き起こした今、ありとあらゆる食卓で彼女のコメントが話題になる。インスタグラムは世界に通じるプラットフォームなので、彼女のレストランレビューは無数のフォロアーがネットで見ることになる。

    彼女のインスタグラムフォロアーは34,000人を超える。彼女がアップする美しい写真はしばしば「フードポルノ」と呼ばれるようになった。

    「私は美しい食べ物が大好きです。」とカリーは間髪を入れず答える。「ですが、写真が美しくある必要さえないのです。私が電話メッセージを送るだけで 550個の目 (225人の意味か)がそこに向けられることも稀ではありません。」と彼女は言う。そこまでの影響力を持つ彼女をレストラン業界がおろそかに扱うはずもない。インスタグラムがそこまで効果的に機能する理由は何か?

    Lola Red PR社(ミネアポリス)の創立者アレクシス・ワルスコの意見を聞いてみよう。「カリーや他の影響力を持つ人々、インフルエンサーは個人的な情熱をインスタグラムに注ぎ、世界中を旅しながらその情熱を表現するのです。それは第三者によるローカルで起きたことを客観的な見方で伝える内容だからです。ローカルで存在するものを伝える情熱と客観性に人々は惹かれるのでしょう。」とワルスコは分析する。

    とりわけ、カリーに惹きつけられるフォロアーの場合、彼女がごく普通の一般人であること、決して意見を押し付けず要求的でないこと、それに加え彼女の写真がユニークである点を挙げねばなるまい。

    同じく、Lola Red PR社に勤務するキーガン・シュルツはインスタグラムの画像性に注目する。美的感覚に溢れたページに掲載される無数の写真がもたらすインパクイトは圧倒的とさえ彼は言う。インスタグラムのユーザーは、そのほとんどが何か別のことをやりながらインスタ上のイメージをスクロールしている。テキストを読むことはほとんどない。

    インフルエンサーは「口コミ」の新バージョンと言える。ツィッターの自己調査によれば、消費者の49%がショッピングする前にインフルエンサーの意見を求め、ツイートを読んだ後 20%が実際に行動を起こすという。ブランドがインフルエンサーに払う金額はインスタグラム関係だけで 10億ドルに達する。
    ソース: 米国フランチャイズタイムズ