常に最新の フランチャイズ セミナーや加盟イベントをご紹介するコーナーです

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスを探索ください!

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスや加盟店を探索ください!

コラムニストへ

役立つ情報コーナー。今週は フランチャイズ 法が世界一整備されたアメリカFC業界の歴史を振り返ります。


  • 英語サイトにリンク




  • ハリケーンハービーで立ち上がった本部と加盟店オーナー10社の活躍
    Alex Van Abbema

    9月13日 - 無数と言えるほどのフランチャイザー、フランチャイジーがハリケーンハービー救済のために動いた。その全てを紹介したいところだが、今回はその中の 10社に登場してもらおう。

  • Boston's Restaurant & Sports Bar:
  • 9月10日、ダラスフォートワースの 2店舗で募金活動イベントを主催した。ダラスカウボーイの初戦開催と並行して実施され大きな盛り上がりとなった。各店舗は収益の一部を J.J.ワット基金に寄付した。それに加えて9月全体を通しボストンレストラン&スポーツバーの全 27ロケーションが「ラウンドアップイベント」に参加し、食べ物やドリンクを提供し同 J.J.ワット基金を支援している。

  • Club Pilates:
    クラブピラテスは TPG Growthと協賛で「救済クラス」を 9月9日と10日に開催した。クラス参加費 $10(強制ではなく推奨の形で)で参加者を募った。クラブピラテス本部は、地元のスタジオやシステム全体の加盟店が集めた金額に同額を足して米国赤十字に送金する予定である。

    CycleBar:
    全米展開のサイクルバースタジオは「慈善ライド」を主催し、ハリケーン救済募金をスタートする。さらに、同フランチャイズチェーンは「テキサスと共にライドしよう」のスローガンをプリントしたベースボールキャップ、 T-シャツを販売し、その売上の一部を寄付金に加える。サイクルバーは自転車ライドと商品販売を通じて10万ドルを集める目標である。

    Dogtopia:
    https://www.dogtopia.com/ ドグトピアの全ロケーションで募金活動を実施中である。本部は各ロケーションで集めた寄付金に同額( $15,000まで)をプラスして寄付金を送る。集められた寄付金はハリケーンハービー救済基金と S.A.V.E.救護連合で折半され、救済に活用される。S.A.V.E.救護連合は NPOの1つでスタッフは 100%ボランティアで構成される。ハリケーンで迷い犬となったペットたちを家族に戻す活動を続けている。

    Jack in the Box:

    ジャックインザボックはヒューストンで活動する救助員や郡職員たちが無料で食事できるサービスを提供。それとは別に同チェーンは $50,000を米国赤十字に寄付している。同時に、ハリケーン被害を受けた加盟店従業員のために $100,000を寄付した。

    McDonald's:
    マクドナルドは米国赤十字に $1ミリオンを寄付すると発表した。さらに、従業員が集めた $250,000に同額を寄与することも約束している。地元のマクドナルドレストランは数千本のウオーターボトルを赤十字に寄付した。ヒューストン地域で最初に救護にかけつけた人たちには無料で食事を振舞っている。

    Pet Supplies Plus:
    ペットサプライズプラスは 3万ドル相当のペット関連商品をヒューストン地域の店舗で無料配布する手配を行なった。そこを拠点にしてさらに動物用シェルターや保護施設に無料で配達される。

    Salata:
    ヒューストンにはサラタの本部と 33店舗がある。ハリケーンの被害を最初に受けたフランチャイズレストランである。しかし、そのうち 24ロケーションがほどなく店を再開し、救護員に無料の食事を提供している。サラタ本部は9月いっぱいまで J.J.ワット基金への寄付活動を継続する。

    Urban Bricks Pizza:
    8月28日、アーバンブリックピザ創立者& CEOのサミー・アルディーブは本部職員、加盟店オーナーと一緒にヒューストンの同チェーン店まで旅行し、付近の住民に無料ピザを700枚手渡した。

    Whataburger:
    ワッタバーガーは「ワッタバーガー・ファミリー基金」に $1ミリオン投入する約束を発表、同基金は洪水被害を受けた同社系列の従業員に財政援助を行う。ワッタバーガー・フランチャイズチェーンは同時に赤十字に $150,000、地元のフードバンクに 50万ドルをそれぞれ寄付する。

    ソース: Franchise Times