常に最新の フランチャイズ セミナーや加盟イベントをご紹介するコーナーです

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスを探索ください!

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスや加盟店を探索ください!

コラムニストへ

役立つ情報コーナー。今週は フランチャイズ 法が世界一整備されたアメリカFC業界の歴史を振り返ります。


  • 英語サイトにリンク




  • スターバックスが株価上昇に自信たっぷりの予測を発表
    By Alex Dixon

    11月12日 - 米国スターバックスのケビン・ジョンソン CEOはCNBCの番組「 Squawk on the Street」https://www.cnbc.com/squawk-on-the-street/ 出演した際、スターバックスの先行きについて楽観的な見通しを述べた。店舗別売り上げの設定目標である 3~5%を上回り、さらに1株あたりの利益成長は 12%をさらに超えるだろうとぶち上げたのである。

    「スターバックスを取り巻く現状と今後の活動、技術革新を考慮すると、スターバックスは当初の設定目標を十分にクリアできると判断しています。今期だけを見ても感謝祭から売り上げ好調が確実に予想され、 2018年度は年間を通して長期的な成長を見込んでいます」と CEOはあくまでも楽観的な見方をしている。

    2016年にオープンしたスタジオのうち 85%は既存加盟店がスタジオ数を増やした結果であり、本部直営スタジオは新たに16ユニットを加えた。「成長には持続性があり、既存マーケットの内部にさらに浸透していく方針です。」とロングCEOは語る。

    2017会計年度の成績を概観すると、米国店舗別売り上げ(同じ店舗数に換算)は 3%アップ、正味売り上げは 5%増え、総額は 224億ドルに達した

    スターバックスは長期成長ガイドラインを支える柱を3本挙げている。将来への先行投資を十分に行うこと。特にフード、ドリンク、デジタルイノベーション、スターバックス・リザーブの充実に金をかけるとしている。コスト構造を変え、新しいガイドラインに沿うようにコスト構造を変え、成長とリターンに直結する事業とオペレーションに投資をシフトさせ、ストリームライン化させるとしている。同戦略の対象には Teavana(スターバックスが 2012年に 6億7,000買収した茶の専門ディストリビュター)も含まれており、スターバックスは同部門を30億ドル事業に成長すると踏んでいる。

    ソース: QSR Magazine