常に最新の フランチャイズ セミナーや加盟イベントをご紹介するコーナーです

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスを探索ください!

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスや加盟店を探索ください!

コラムニストへ

役立つ情報コーナー。今週は フランチャイズ 法が世界一整備されたアメリカFC業界の歴史を振り返ります。


  • 英語サイトにリンク




  • サンドイッチ専門チェーン、メルトショップが100店舗達成を視野に
    Alen Dixon

    11月13日 - ファーストカジュアルレストラン「メルトショップ」1号店がオープンしたのは6年前 (2011年)だ。創立者は当時からフランチャイズ化への道を念頭に置いていた。

    最近の数年間、アメリカでは「ベターバーガー」レストランが爆発的に成長してきたが、メルトショップはこの傾向を追い風にしつつ、パンとチーズをベースに様々なプロテイン・オプションを客に提供することでファーストカジュアルのメニューに大きな変化とバラエティを与えられたと創立者の一人、スペンサー・ルービンは快進撃の理由を述べている。

    2011年のスタート以来、メルトショップはニューヨーク、フィラデルフィア、ミネソタの3年で8ロケーションをオープンしている。しかし、今後の5年間に同ブランドは飛躍的に成長すると業界筋は予測する。スケールアップするベースができているからだ。

    左上写真;2人の創立者、左がスペンサー・ルービン、右隣がジョッシュ・モーガン

    「常に長期プランを念頭にやってきましたが、店舗数が増えても商品の品質を落とさずにベストなものを提供するプロセスを完成したと考えています。最初の数年間はベストメニューを作り出すことに全てを注いできました。」とルービンは語る。

  • 今、飲食業界ではあらかじめ用意した食材をアセンブリー方式で合わせ、客に出すスタイルが主流だ。だが、メルトショップの場合、それに逆行するかのようにすべて「made to order」、客から注文を受けてから作り出すスタイルを守っている。サンドイッチのすべてがメードオーダーなのだ。当然ながら味は抜群にいい。それでいて加盟店がマスターするのは驚くほど簡単だという。パンとチーズがメーンのメニューはあらゆる客層に受け入れられる、つまり客層ベースが極めて広い。


  • フランチャイズファクト
    正式会社名:MELT SHOP
    本部所在地:ニューヨーク
    URL:https://www.meltshop.com/
    創立者: Spencer Rubin(スペンサー・ルービン)とJosh Mogan(ジョッシュ・モーガン)
    初期投資額: $368,000~$700,000
    店舗平均年商: $1,285,638(約1億5,000万円)
    加盟金: $35,000
    海外ライセンス料:国によって異なる
    ロイヤルティ: 6%
    マーケティング:2%
    現在の店舗数: 8(すべて本部直営)
    優位点:メインメニューのグリルドチーズサンドイッチが素晴らしく美味い。そしてバラエティの豊富さ、良い食材へのこだわり、真似のできないビジネススタイル。親会社は Five Guysバーガーを含む加盟店開発10年の経験があり、信頼できる加盟店サポートを提供できる。

    ソース: QSR